テーマ:教科書

高校日本史の必修化検討

『朝日新聞』2013年1月8日付朝刊によれば、下村博文文科相は1月7日の記者会見で、選択科目の高校日本史について「必修化は前向きに検討すべき課題」と述べ、今年度中に新学習指導要領の全面改訂を中教審に諮問する方針で、2020年度全面実施を目指すということです。 高校の日本史必修化については、「グローバル社会を見据え、日本のアイデンティテ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

都教委、高校教科書選定に介入

『朝日新聞』2013年6月28日付朝刊によれば、「都教委、高校教科書選定に介入」という見出しで、実教出版の高校日本史教科書に対して、国旗・国歌の扱いに関する記述が都教委の考えに合わないとして、「使用は適切ではない」とする見解を議決し、都立高に通知した、ということです。 実教出版「高校日本史B」 『朝日新聞』2013年6月28日付…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中学校用教科書『職業指導』

濱口桂一郎さんが、自身のブログに「終戦直後の中学校の労働教育」というテーマで、1947(昭和22)年の文部省検定済中学校用教科書、日本職業指導協会『職業指導』の内容が紹介されています。 私が持っているのは、48年3月に修正発行されたものですが、内容的には大きな変更はないものと思います。 敗戦後、中学校では、教科として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

都教委、日本史教科書修正

東京都教育員会は1月24日、東京都独自の日本史教科書『江戸から東京へ』の内容を一部修正しました。 修正箇所は次の3カ所です。 1.明治初期の国際問題に関する部分で、(1)尖閣諸島と竹島が日本の領土となった経緯を本文に追加したこと、(2)コラムを「グラントが植えた増上寺の松」から「領土をめぐる問題」に差し替えたこと、(3)地図「領…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

都立高校の日本史教科書『江戸から東京へ』

『東京新聞』1月26日付朝刊に「”東京史”いかが? 都の高校歴史教科書市販へ」という記事が掲載されていました。 東京都教育委員会は、都立高校の日本史必修化を前に、独自の日本史教科書『江戸から東京へ』を編集中ですが、私も教育モニターとして、必修化の可否や教科書案の内容について意見を求められましたので、意見を提出しました。紙ベースの教…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more