コロナに乗じた9月入学制の導入に反対する

Stay Homeで家にこもる時間が多くなりました。それでは健康によくないので、家の近くを散歩しています。この間は、北野中央公園方面を歩きましたが、ちょうどリンゴの木が白い花をたくさんつけていました。とてもすがすがしい感じがしました。

IMG_8161.JPG
IMG_8160 (1).JPG

子どもたちの休校が続いています。孫たちも学校に行けず、家で課題をやったりしてすごしていますが、公園に行っても遊具は使えず、相当ストレスを抱えているのではないかと思います。

そんな折、9月入学の議論がわき起こっています。村井嘉浩宮城県知事が9月始業を言い出し、全国知事会でも国で検討するように要望をまとめ、小池百合子都知事や吉村洋文大阪府知事なども積極的です。その小池都知事と意見交換をした、教育評論家の尾木直樹氏も、テレビ番組で賛成意見を述べています。

私は、Twitterで、コロナのどさくさに9月入学制を導入することに反対する旨を書きました。
新型コロナの感染拡大が進行している中で、いま政府も自治体も取り組むべきことはコロナ対策であって、9月入学制ではないこと、政府と東京都は、コロナ対策だけでなく、オリンピックも諦めていない上に、さらに9月入学制の導入の検討までやるは無理というものです。コロナが収束したときに冷静に議論をすればよいことです。それともコロナの混乱のどさくさにやらないと9月入学制は出来なくなるから焦っているのでしょうか。

9月入学制を導入するには、膨大な議論、膨大な事務作業、学校現場の労力がともないます。それを社会全体で負わなくてはなりません。たとえば、学校のシステムを4月から9月スタートに変える、企業の採用時期や会計年度の変更、入学試験や資格試験その他の日程の変更、そのためのシステム改修や人員の確保、費用の負担などが考えられ、ただでさえ予算がないのに、コロナ対応や復興支援に回せるお金も減ります。各種の法律の改定も必要になります。

9月入学制は、9月始業にすれば、長期の休校で学習が遅れているので、一斉に始められるという思いつきのような理由で出て来た議論です。 しかし、9月入学にしたとして、5月から8月までは、いったいどうするのでしょうか。8月までは何もしないのか、あるいは個々の学校に丸投げで、暫定的にプリントなど課題を与えて過ごさせるのでしょうか。このままだと何も出来なかったとしても、やむをえない、という雰囲気が学校関係者の間でおこりかねないでしょう。また、家庭学習の面倒を見られる家庭とそうでない家庭とで格差が生じることにもなります。
それに例え9月入学が導入できたとしても、9月にコロナが収束している保障もありません。9月までに収束したとしても、さらに第二波、第三波が起こることも考えられ、また臨時休校ということも考えられます。そうしたら、今度は4月入学制に戻るのでしょうか。

コロナとの闘いは9月になれば終わるものではありません。このような緊急事態のときには、子どもの学習権を保障すること、ケアやサポートが必要な子どもには状況に応じた個々のサポートを行いの、子どもの学びと生命を守ることに集中すべきです。
そして今後、学校にたとえ一定期間行けなくなったとしても、その間の学びを止めない体制を作りあげておくことです。たとえば、オンライン授業ができる体制の整備、ひとり1台のパソコンの配布、無線ルータ・パソコンの貸与、少人数授業のできる体制、給付型奨学金の拡充などの経済的支援など、やるべきことはたくさんあります。政府や自治体はこうしたことに予算を投入し、支援すべきです。

このままでは、政治に翻弄され、学校現場が疲弊するだけです。

コロナの混乱に乗じた9月入学制の導入はいまではありません。コロナが収束したとき冷静に議論すればよいことです。

"コロナに乗じた9月入学制の導入に反対する" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント