映画「新聞記者」

東京新聞の望月衣塑子記者の『新聞記者』(角川新書、2017年)を原案にした映画「新聞記者」が6月28日から全国公開され、最近の日本映画では政治を扱う映画はほとんどない中で、新聞メディアが権力にどう対峙するのかを問いかけた映画として注目されています。 第2次安倍政権以降、「世界の報道の自由度ランキング」(国境なき記者団)は年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more