冬桜

1月2日は年始回りをしました。

妻、息子夫婦、孫たちと一緒に家の近所の親類をまわり、年始の挨拶に行き、そのあと、大田区久が原にある私の実家へ行きました。

長兄は既に亡くなっていますが、兄弟や甥、姪も集まり、にぎやかでした。兄弟が集まる年1回の機会であり、お正月をみんなで迎えることができるはうれしいことです。
みな年齢が高くなってきており、お互いに健康に注意していかなくてはいけないと思っています。

義姉が、庭先に桜が咲いている、と言われて外に出てみると、「十月桜」が可憐な薄ピンク色の花を咲かせていました。

画像


十月桜は、品種が「冬桜」であることから、広く「冬桜」ともよばれています。全体のつぼみの3分の1が10月から咲き始め、残りの3分の2は春に咲くといわれています。
お正月に桜の花を見ることができて、温かい気持ちになりました。

家に戻ると、夜空に大きな満月が眺められました。

画像


2018年最大の満月。3日の夜から4日未明にかけては三大流星群の1つ「しぶんぎ座流星群」が見られるということです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック