都高進総会・研究協議大会

平成29年度東京都高等学校進路指導協議会(都高進)総会・研究協議大会が5月26日、都立晴海総合高校で開かれ、参加してきました。

画像


総会では、吉田寿美会長(都立南平高校・校長)、浦部ひとみ事務局長(都立青井高校)以下の役員が選出されました。

画像


記念講演は古田仁志氏(国士舘大学准教授)が「ラガーマンのキャリア形成-高校での出会いから指導者へ-」と題して、都立高校のラグビー部員から大学のラグビー部員、電機メーカーのラグビー部員、引退後、ラグビーナショナルチームのコーチを経て大学教員になるまでのラグビーとの半生を振り返りながら、いろいろな指導者と出会い、コーチとしてどうすれば人は動くのかを学び、アクノレッジメント(存在承認)の重要性を説き、指導者の育成にあたっていきたいことを語りました。

研究協議大会では、就職指導、専修学校、進学指導の各部会報告のあと、進路学習部会より進路学習用に作成されたワークシートの紹介がありました。
藤井ゆき先生(都立国際高校)の「過労死を防ぐには」は、前任校(都立一橋高校)時代に作成し、実践したもので、電通の高橋まつりさんの過労自殺事件のニュースを題材に、グループで過労死や過重労働について話し合い、また、過労死を防ぐために労働者・経営者・厚労省職員の三つの立場から考え、自分たちを守る法律にはどんなものがあるのかを調べるというものでした。生徒が関心をもっている最近の過労自殺事件を題材にし、過労死の問題を深く考えさせようとしていることは、ワークシートからもうかがえました。欲を言えば、自分の身を守るために、記録を取ることや相談機関のことにもふれたワークシートだとよりよかったと思います。
桜井伸一先生(都立若葉総合高校)の「本当に知っているの?大学選び」は、大学のホームページからシラバスを調べさせ、大学での学びと高校での学びの関連を考えさせるワークシートで、よく考えられた教材でした。

こうした教材を参考にして、各高校で進路学習を取り組んでいってほしいと思っています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック