紅葉の六義園

東京・文京区にある六義園のモミジの紅葉が見頃だというので、大学の授業を終えたあと、寄り道をしていきました。平日の午後でしたが、紅葉を楽しむ人たちで賑わっていました。

画像


六義園は、5代将軍徳川綱吉もとで側用人となった川越藩主柳沢吉保によって造られた若の趣味を基調とする回遊式築山泉水の大名庭園として知られています。

池に沿って散策しながら園内をめぐりましたが、吹上峯付近から剡渓流に沿った場所は、とくにモミジが紅く色づき、ときに陽に当たった色合いがきれいで、カメラに撮っている人も多く見られました。

画像

画像

画像


園内では、都立園芸高校の生徒が丹精込めて育てた懸崖菊も展示されていました。

画像


今年は12月8日までライトアップをしているということですが、機会があれば夜の紅葉も眺めてみたいと思っています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック