三鷹の一日

アクセスカウンタ

zoom RSS 割烹料理セミナー

<<   作成日時 : 2017/05/14 08:45   >>

トラックバック 0 / コメント 0

東京・新宿にある新宿調理師専門学校が保護者・卒業生・一般の方向けに開催している「割烹料理セミナー」が5月13日にあり、妻と一緒に参加をしてきました。息子が仕事で専門学校とは縁があり、「こんなセミナーがあるよ」と紹介があり、参加させていただきました。

画像


このセミナーは、上神田梅雄校長が、「伝え、伝承されてきた和食文化の智恵と魅力を伝えたい」と願って始められた料理セミナーで、今回で14回目になり、延べ600人が参加をしているということでした。私たちは初めての参加となります。

雨の中でしたが、会場の階段教室には在校生の保護者とその家族の方々などが来場されていて、満員となっていました。

画像


料理は、毎月、旬の食材を活かした料理を作ると言うことでしたが、今回のメニューは、鯉の湯洗い、新じゃが芋煮っころがし、鰹のすてーき焼き、独活皮の金平、琥珀味噌汁、新生姜ご飯でした。

画像


上神田校長は、料理のデモンストレーションをしながら、軽妙な話の中に料理人の心得や料理のコツを挟み込み、参加者を料理の世界に引き込んでいき、飽きさせることがありませんでした。

他の専門学校で、このような料理セミナーをやっているのかはわかりませんが、在校生の保護者にとっては、子どもとの会話の材料にもなり、また学校の教育への理解が深まり、安心するのではないかと思いました。

試食させていただきましたが、重箱に詰められた料理は、どれも美味しくいただくことができました。とくに鯉の洗いは久しぶりに食することができてよかったです。食前酒として出された「獺祭」もよかったです。

ただ欲を言えば、校長の話だけでなく、出される料理の一品だけでも、レピシはなくてもよいので、作り方を最初から最後まで見せてもらえると、料理セミナーらしくもっとよかったのではないかという感想をもちました。

帰りに、関川恵一理事長とお目にかかり、挨拶をさせていただきました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
割烹料理セミナー 三鷹の一日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる