三鷹の一日

アクセスカウンタ

zoom RSS 大東学園三者懇談会

<<   作成日時 : 2015/07/19 07:42   >>

トラックバック 0 / コメント 0

東京・世田谷区にある私立大東学園高等学校の第2回三者懇談会が7月18日、同校で開かれ、見学をしてきました。

画像


大東学園は、東京では東京大学教育学部附属中等教育学校に次いで三者協議会を行い、開かれた学校づくりを進めていることで知られています。
三者懇談会は、三者協議会では生徒・教職員・父母の三者のそれぞれの組織を代表した発言となり、少数意見は聞こえてこなくなることから、もっと自由に個人として発言できる場を設けようと、懇談会を開くことになったということです。

大東学園では、生徒と教員がともにつくっていく授業を目指して改善を進めることと、生徒がよりよい環境で授業が受けられるようにしていくことを目的に授業アンケートを実施していますが、懇談会では、授業アンケートをもとに、教員の授業のあり方や生徒の授業中の態度(立ち歩きやスマホの使用や私語)などについて、生徒たちが自由に率直に意見を述べているのが印象的でした。教員の実名を挙げてどのような授業が行われているかを率直に発言できる雰囲気がこの学園にはあることが知られ、おどろきでした。
諸要求では、パーカーとポロシャツについて、施設・設備では教室の網戸の設置、更衣室のエアコンの設置などの要求が出されていましたが、生徒会では、生徒アンケートをもとに、懇談会に出すものと出さないものとを精査して、生徒の要求をまとめていました。
三者協議会のときはもとより、懇談会でも、生徒も教職員も保護者も準備をしたうえで会に臨んでおり、それぞれが主体的に学校づくりに関わろうとしていることが伝わってきました。

私が在職していた桜華女学院(現・日体桜華)でも、2004年度から09年度まで、長野県辰野高校や大東学園の取り組みを参考に、三者協議会を立ち上げ、開かれた学校づくりを進めました。残念ながら、私が学校を去り、小林節・慶應義塾大学教授(当時)が校長に就任するとともに三者協議会は廃止されてしまいました。
大学の「特別活動」の授業では、三者協議会について学生にも紹介していますが、この三者協議会の取り組みが、もっと多くの高校で取り組まれていくことを期待しています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大東学園三者懇談会 三鷹の一日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる