三鷹の一日

アクセスカウンタ

zoom RSS 三島散策2

<<   作成日時 : 2014/12/30 18:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

三島での昼食はうなぎを食べる予定にしていました。三島広小路駅近くの「桜家」へ。
12時になっていたこともありすでに満席で、20分ほど待つことになりました。

画像
桜家

待つ間、近くの三石神社をお参りし、時の鐘を見学してきました。三石神社は、江戸時代に源兵衛川の畔にあった三ッ石という巨石の上に稲荷社を祀ったのが始まりといわれ、その境内にある時の鐘は、江戸時代に宿場に時を告げ、「三島八景」の1つに数えられていたそうですが、戦時中に供出され、現在の鐘は1950年に再建されたものだそうです。

画像
三石神社
画像
時の鐘

「桜家」は、家の近くにあるポンジョリーナというイタリアンのお店で三島の地図を見ていたときに、マスターが、三島にいたことがあり、うなぎを食べるなら「桜家」がいいと教えてくれたことから知ったお店でしたが、旅行ガイドなどにも載っていることから、市民の方だけでなく、旅行客も多かったように見受けられました。
私たちはうな重を注文しましたが、備長炭で焼かれたうなぎは甘すぎないタレと脂加減がマッチし、食べ飽きない、おいしいうな重でした。

画像


昼食後は、柿田川公園まで散策しました。三石神社の脇から源兵衛川の中の道を歩き、途中、低い橋桁をくぐりながら歩くところもありました。しばらくして、源兵衛川と分かれ、清住緑地へ。住宅街の中にある三島西小学校の校庭からは富士山が大きく見えました。
緑地には田圃があり、水仙の花も咲いていました。小さな湧水池もあり、水が湧き出ている様子も見ることができました。丸池は改修工事中で、水は抜かれていて少なくなっていました。

画像
源兵衛川
画像
三島西小学校付近から
画像
清住緑地
画像
丸池

国道1号線に出ると、柿田川公園の看板が見え、信号のある横断歩道を渡るとそこが柿田川公園の入り口でした。

画像


第一展望台は国道1号線のすぐ脇にあり、階段を降りていくと、柿田川の源である湧水群を眺めることができます。柿田川湧水群は名水百選にも選ばれている清流ですが、交通量の多い国道1号線のすぐ脇から、富士山の雪解け水が湧き出ているのが驚きです。

画像
第一展望台から

第二展望台からは丸いコンクリートで囲われた中から水が湧き出ています。昔、紡績工場が井戸として利用していたためとということですが、人工物なのは少し残念でした。

画像
第二展望台から

柿田川公園からは国道1号線沿いに伊豆箱根鉄道の三島二日町駅まで約40分ほど歩き、伊豆長岡までの電車を待ちました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
三島散策2 三鷹の一日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる