テーマ:ブラック部活

運動部活動ガイドライン

今年3月にスポーツ庁の有識者会議がまとめた「運動部活動の在り方に関する総合的なガイドライン」が「ブラック部活」の解消につながるのか、『朝日新聞』(2018年5月14日朝刊)は中小路徹編集委員の記事を掲載しました。 、『朝日新聞』2018年5月14日朝刊 記事は、長時間の運動部活動が生徒のバランスのとれた成長を阻む一方、教員の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中学運動部活動 スポーツ庁が指針案

学校の部活動については、教員にとっては全員顧問制の問題、長時間の指導による加重負担の問題があり、また生徒にとっも全員強制加入や長時間拘束、体罰、重大事故などの問題があり、「ブラック部活」の問題が社会問題化しています。 http://diamond.jp/articles/-/152916より そうした中、中学校の運動部活動を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

部活動をめぐって

大学の教職課程で「特別活動」を教えていますが、この3週間は「部活動」を取りあげました。 1週目は、部活動の歴史と現状をテーマに、部活動の歴史、戦後における運動部活動と学校教育、部活動の教育課程上の位置づけ、部活動の現状、顧問の役割について講義をしました。。 2週目は、部活動顧問の加重負担の問題をテーマに、教員自身からの問題提起、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ブラック部活動』を読む

子どもの安全の観点から柔道事故や組み体操などの問題など、学校生活上のリスクを分析してきた内田良さん(名古屋大学准教授)の新著『ブラック部活動-子どもと先生の苦しみに向き合う』(東洋館出版社、2017年)を読みました。 内田さんは、部活動は、(1)制度上「グレーゾーン」に位置しているということ、(2)「自主的な活動」であり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ブラック部活」を考える

生徒たちは、中学校や高校での部活動で、仲間との関わり、自分との葛藤や達成感、他者への感謝など、授業では得られないことを経験し、学び、人間的にも成長していきます。部活動は、「自主的な活動」であり、教育課程には位置づけられていないにもかかわらず、学校教育の中に深く根づいています。 しかし一方で、部活動によって、生徒にとっては、部活動が…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more