テーマ:旅行

山陰方面への旅6 姫路城

世界遺産になっている姫路城。白く輝く大天守の姿が、白い鷺が舞い立つように見えることから、別名「白鷺城」と呼ばれています。とはいえ、長い年月が経つなかで漆喰壁はくすんでしまいました。2009年10月から「平成の修理」とよばれる大天守保存修理工事が始まり、約5年の歳月をかけて漆喰壁の塗り替えや屋根の葺き直しが行われ、築城当時そのままの白い漆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山陰方面への旅5 鳥取砂丘

旅行三日目の8月17日、午前中は鳥取砂丘へ。 旅行前は炎天下の砂丘を歩く覚悟をしていましたが、当日は運良く、バスで鳥取砂丘に向かっているときには雨がぱらつき、砂丘に着いたときは曇り空でした。 馬の背とよばれる第二砂丘列まで、急勾配の砂山を登っていきましたが、登り切ると、その向こうには日本海が広がっていました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山陰方面への旅4 足立美術館

島根県安来市にある足立美術館。地元出身の実業家・足立全康が1970年に開館した美術館ですが、5万坪を超える日本庭園が見事なことで知られています。初めて行く美術館でしたので、どんな日本庭園なのか、楽しみでした。 茶庭、苔庭、枯山水庭、池庭、そして白砂青松庭と、館内の建物から、また時折は建物の外から、緑の夏の移り変わる庭を眺め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山陰方面への旅3 松江城

1611(慶長16)年に堀尾氏によって築城された松江城。堀尾氏から京極氏、そして松平氏が、1634(寛永11)年に入国してから1871年の版籍奉還まで、この松江城の城主となりました。 全国に現存する12天守の一つで、5番目に古い天守で、今年7月に国宝に指定されました。松江の街や松江城には国宝指定を祝うのぼりやポスターが目立ちました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山陰方面への旅2 出雲大社

8月16日は出雲大社-松江城-足立美術館のコース。 バスの車窓からの大山 30年前の修学旅行の引率では拝殿を参拝して、その前で撮った写真があり、それだけが出雲大社に行った記憶として残っています。 バスを降りて最初に向かったのが神楽殿。すぐに目に付く大きな注連縄は、長さ13メートル、重さ5トンもある巨大なもの。私たちもこ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

山陰方面への旅1 湯郷温泉

夏休みの旅行は、足立美術館、鳥取砂丘に行ってみたいという妻の要望で、山陰方面へ行ってきました。 修学旅行の引率で約30年前に出雲大社、松江城、鳥取砂丘などに行ったことはありますが、それ以来の再訪ということになります。 8月15日は岡山県の湯郷温泉に宿泊。 温泉に入る前に少し温泉街を散策しました。 朝8時から夜9時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蓼科への旅6 北八ヶ岳ローブウェイ 

3日目は、ホテルから北八ヶ岳ロープウェイで坪庭を散策し、白樺湖に立ち寄って、東京へ戻ることにしました。 天気は昨日と違って曇り空でした。山麓駅からロープウェイの上を見ても、途中から山は見えなくなっていました。上はガスっていて眺望は楽しめない状況でしたが、ともかくロープウェイに乗り込みました。 山頂駅に着くと、雲の中で周囲は白…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蓼科への旅5 蓼科グランドホテル滝の湯

2日目の宿は、「蓼科グランドホテル滝の湯」。大きなファミリー向けのホテルで、「たてしな藍」とは雰囲気がまったく違う宿でした。 車窓からホテルの建物の直ぐ下の川に鯉のぼりが何本も吊されている風景に、孫娘は「鯉のぼりだ」と、大きな声を上げていました。 お風呂に入り汗を流したあと、夕食までの間、GWの子ども向けイベントで縁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蓼科への旅4 蓼科湖

蓼科高原は、高校に勤務していた頃、新入生オリエンテーション合宿で何度か来たことがあります。蓼科湖も、家族旅行で20数年前に来たことがありますが、その頃の風景は思い出せず、改めて来てみて、こんなに小さい湖だったかと思いました。 バラクライングリッシュガーデンから聖光寺を経て蓼科湖まで、約45分ほど歩きました。ビーナスラインの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蓼科への旅3 バラクライングリッシュガーデン

2日目は、息子夫婦は友人宅へ訪問、その間私たちはバラクライングリッシュガーデンを訪れることにし、蓼科湖で落ち合うことにしました。 バラクライングリッシュガーデンは、1990年に園芸研究家・ケイ山田氏が、日本初の本格的な英国庭園として蓼科高原に開園したもので、昨年の国際バラとガーデニングショウでその名前を知り、一度訪れてみたいと思っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蓼科への旅2 「たてしな藍」

1日目の宿泊は「たてしな藍」。国道299号線、麦草峠へ向かうメルヘン街道沿いの別荘地にある温泉宿です。 駐車場から宿の玄関までは緩やかな石段になっており、敷石の両側にはニリンソウ、イカリソウなどの山野草が咲いていて、私たちを迎えてくれていました。 客室は、10畳の和室で、窓際には掘りごたつがあり、落ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日光への旅4 華厳滝・中禅寺湖

2日目の27日はバスで中禅寺湖へ。途中いろは坂では新緑の若葉色の林の中、ときおりサクラの薄ピンク色が混じり、春を感じさせてくれました。 華厳滝は小学6年生の時以来になるので、数十年ぶりということになります。水量が多く、滝壺近くは水しぶきで虹がみえたりして、見応えがありました。 滝を見物したあと、中禅寺湖ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日光への旅3 日光金谷ホテル

ホテルに戻り、ホテルツアーに参加しました。 金谷ホテルは、日本最古の西洋式リゾートホテルで、クラッシックホテルの代表的なホテルとして知られています。ホテルの内部を見学しながら、ホテルの歴史や建物の特徴などを説明してもらえるとのことでした。 金谷ホテルの始まりは、次のようでした。1870(明治3)年にアメリカ人宣教師ヘ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日光への旅2 日光田母沢御用邸記念公園 

二荒山神社をあとに西参道を下り、田母沢御用邸に向かいました。途中、カステラ本舗に立ち寄り、3月に一般公開されたばかりの金谷ホテル歴史館の前を通りました。 ここは金谷ホテル開業の地で、1873(明治6)年に金谷善一郎が外国人専用の宿泊施設として自宅を改造、「金谷カテッジイン」を開業しました。その当時の建物が保存され、一般公開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日光への旅1 東照宮

旅行へ行く前に風邪を引いてしまい、2、3日寝ていましたが、咳は出るものの、体調はほぼ回復しました。 26日から1泊で妻と2人で日光へ旅行してきました。息子のお嫁さんのお母さんが、知り合いから日光金谷ホテルの優待券をいただいたとのことで、その優待券で金谷ホテルに泊まることが旅行の目的でした。 日光は、小学校6年生のとき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「京の冬の旅」4 町家レストランへ

特別公開の寺院めぐりを終えたあと、いったんホテルに戻り、妻は着替え。錦市場を散策したあと予約をしてあるレストランへ行くことにしました。 17時頃の錦市場は、店じまいをするところもあり、それほどの人出ではありませんでした。店先の商品に目を落としながら、漬け物を試食したり、お土産を買ったりしながら、錦小路を歩きました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「京の冬の旅」3 竜安寺から東寺まで

3月8日は、前日の雨から晴れの天気に変わり、温かい一日でした。 龍安寺、仁和寺、清水寺、東寺の4寺院の非公開文化財特別公開を見学してきました。 龍安寺では、有名な石庭、方丈庭園(虎の児渡しの庭)のほか、特別公開の仏殿、西の庭、茶室「蔵六庵」を見学。仏殿は歴代住職や天皇の位牌が安置されているということでしたが、天皇は明治天皇までと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「京の冬の旅」2 祇園・高台寺散策

本法寺から妙顕寺、相国寺と雨の中を散策。 妙顕寺 相国寺 地下鉄今出川駅から阪急河原町駅に出て、西木屋町四条にあるレトロな感じのフランソワ喫茶室で休憩。1934(昭和9)年創業ということですが、店内は戦前からの歴 史を感じさせる雰囲気で、よかったです。コーヒーとレアチーズケーキを注文して、体を休めました。 フラン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「京の冬の旅」1 本法寺

大阪へ行く途中、妻と京都で2泊をして非公開文化財特別公開を何か所か見学してきました。 3月7日は、京都駅に降りると雨が降り出していました。ホテルにチェックインをして荷物を置き、本法寺へ。 洛中にある本法寺は日蓮宗の本山で、「鍋かむり日親」で知られる日親上人によって築かれ、琳派の祖・本阿弥光悦の菩提寺としても知られています。堀川通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三養荘にて

12月27日の宿泊は三養荘。 三養荘は、現在はプリンスホテル系の1929(昭和4)年に三菱財閥の岩崎弥太郎の長男・久彌の別邸として、京都の庭師・小川治兵衛のてによる日本庭園の中に、瀟洒な数寄屋造りの和風建築邸として建設されたものです。戦後、旅館「三養荘」として15棟で営業を始めたといわれています。その後、増築が行われ、19…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花寺・吉祥寺

群馬県川場村にある吉祥寺は、南北朝時代の1339(歴応2)年に中巌円月禅師によって開山された臨済宗建長寺派の禅寺です。 境内には四季を通じてさまざまな草花が咲き、別名「花寺」と呼ばれ、参拝者の目を楽しませているお寺として知られているということです。   山門をくぐり、本堂へ通じる階段を上がると白い花が両脇に咲いていまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

塩沢宿へ行く

日帰り旅行に招待されて10月9日、新潟県の塩沢宿と群馬県の花寺・吉祥寺へ行ってきました。 東京は曇り空でしたが、関越道で上越トンネルを越えると青い空が見えて晴れていました。 新潟県塩沢町の旧中心街は江戸時代、旧三国街道の宿場町として栄えたところでした。その歴史と文化を復興させようと街づくりが進められ、2009年に三国街道塩沢宿「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上高地への旅4 大正池

3日目、9月30日は午前中、帝国ホテルから大正池、大正池から河童橋まで散策しました。 10時にホテルを出発し田代橋へ。田代橋から大正池への自然研究路は多くの観光客が行き交い、賑わっていました。 行きは梓川コースを通り、途中、梓川の川原に出ました。澄んだ流れがきれいで、川の向こうには焼岳が姿を現していました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竹田城跡

8月18日は兵庫県朝来市にあり、標高353メートルの古城山の山頂に築かれ、しばしば円山川の川霧により霞むことから、「天空の城」とか「日本のマチュピチュ」とか呼ばれ、多くの観光客が押し寄せるようになった竹田城跡に行ってきました。 山城の郷でマイクロバスに乗り換え、中腹の駐車場へ。そこからは約20分、なだらかな坂道を歩いて城跡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜間特別拝観 高台寺燈明会

8月17日の夜は高台寺へ。夏の夜間特別拝観燈明会(とうみょうえ)に行ってきました。 燈明会は、8月1日から豊臣秀吉の命日8月18日にかけて行われているもので、伽藍や庭園が闇に照らされ、約800張の提灯がともされます。 書院から方丈へ。 方丈前の庭園を見ると、砂をスクリーンにして妖怪が映し出されていました。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

特別公開 下鴨神社神服殿・大炊殿

8月17日の午後は下鴨神社、上賀茂神社へ。 下鴨神社(賀茂御祖神社)は、崇神天皇の7年(紀元前90年)に神社の瑞垣の修造が行われたという記録が残る、京都最古の社の1つです。来年、式年遷宮を迎えます。 この夏は、神様のお供物を調理していた台所・大炊殿(重文)と天皇の行幸の際の御座所である神服殿(重文)が特別公開されています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嵐山散策

8月17日は、雨を心配していましたが、朝から晴れ上がり、蒸し暑い一日でした。 午前中は嵐山へ。1時間ほど時間があったので、二尊院と落柿舎をまわることにしました。 小倉池の脇を通り、常寂光寺へ。 小倉池 常寂光寺 常寂光寺には入らず、門前で写真を撮り、二尊院へ。 百人一首で知られる小倉山の東麓にあって、承和年間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豊国神社・方広寺

ホテルにチェックインをしたあと、また雨が降り始めていましたが、小1時間、ホテル周辺を散策しました。 京都国立博物館の隣、正面通りに面して豊国神社がありました。豊臣秀吉を祀る神社です。 1599(慶長4)年、東山36峰の1つ、阿弥陀ヶ峰に秀吉を「豊国大明神」として祀り、その翌年、広壮な神社が創建されました。しかし、大坂夏の陣で豊臣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特別公開 大雲院祇園閣

特別公開の「祇園閣」を見学するために、円山公園から大雲院に向かうと、強い雨が降り始めました。 雨の中、総門を回り、南門から境内へ。本堂に案内され、ガイドさんより、大雲院、祇園閣の由緒などの説明を受けました。 説明を受けている間に、雨は上がっていました。 大雲院は、1587(天正15)年、正親町天皇の勅命により織田信…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特別公開 建仁寺両足院

第39回「今日の夏の旅」文化財特別公開の1つ、建仁寺両足院。 鴨川は雨のため水かさも増し、茶色く濁った流れになっていましたが、建仁寺に着くと雨は上がっていました。 建仁寺 方丈でガイドさんから、建仁寺や両足院の由緒、方丈襖絵の説明がありました。 襖絵は、道釈画家・七類堂天𧮾(しちるいどうてんけい)が描いた…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more