テーマ:ブラック企業

過労自殺、「過労死白書」

広告代理店業界最大手の電通に勤務していた女性新入社員、高橋まつりさんが昨年末に自殺したのは、長時間の過重労働が原因だったとして労災が認められた、と10月7日、遺族と代理人弁護士が会見して明らかにしました。 『東京新聞』2016年10月10日朝刊 高橋さんは東大を卒業後、昨年4月に電通に入社、10月以降に業務が大幅に増え、労基…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマダ電機LABI吉祥寺オープン

家電量販店最大手、ヤマダ電機のLABI吉祥寺が10月31日、オープンしました。7つのフロアがあり、スマホ・携帯電話、パソコン・タブレットPCなど最新デジタル家電から、省エネ・高機能の白物家電、掃除機や調理家電、そしておもちゃや雑貨まで、子どもからお年寄りまでを対象にした品揃えをしています。 また、店内では、新たな試みとして、最先端技術…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シンポジウム「実践!ワークルール教育!!」

日本労働弁護団・ブラック企業対策プロジェクト共催によるシンポジウム「若者を「ブラック企業」から守るために 実践!ワークルール教育!!」が9月4日、連合会館で開かれ、参加してきました。 このシンポジウムは、若者を使い捨てにする「ブラック企業」が社会問題になってる中で、学校教育現場でも労働法教育を実践する動きがみられるようにな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「女工哀史」

文芸評論家の齋藤美奈子さんが『東京新聞』8月27日付朝刊「本音のコラム」欄「和喜蔵&としを」で『女工哀史』の著者・細井和喜蔵と、和喜蔵の妻であった高井としを取り上げています。 『東京新聞』2014年8月27日付朝刊 齋藤さんは、ブラック企業について何か言いたい人の必読書は、小林多喜二の『蟹工船』より、むしろ『女工哀史』だろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ブラック企業のない社会へ』を読む

ブラック企業対策プロジェクトで中心的な役割を果たしている今野晴貴さんらが執筆した『ブラック企業のない社会へ』(岩波ブックレット、2014年)が出版されました。「ブラック企業問題」は、「若者の使い潰し」として把握され、社会問題になっていますが、一部の特定企業を取り締まれば済むような問題ではなく、日本の社会構造に関わる根深い問題であり、家族…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過労死等防止対策基本法の成立

6月20日、参議院本会議において、過労死等防止対策推進法が全会一致で成立しました。この推進法の成立によって、「過労死」問題とその防止の重要性、過労死等のない社会の実現を推進する責務が国にあることが明記され、過労死等防止に向けて具体的な一歩を踏み出すことができるようになったことは大きな前進です。 参議院本会議で過労死等防止対策基本法…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「残業代ゼロ」労働時間改革

産業競争力会議の雇用・人材分科会主査の長谷川閑史氏(武田薬品工業社長・経済同友会代表幹事)は、「個人と企業の働き方の持続的成長のための働き方改革」(2014年5月28日)というペーパーを提出し、新しい労働時間制度を提言しています。 長谷川提言の内容は、新しい労働時間制度の考え方として、個人の意欲と能力を最大下に活用するための「新た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大佛次郎論壇賞に今野晴貴さんの『ブラック企業』

朝日新聞社主催の第13回大佛次郎論壇賞に今野晴貴さん(NPO法人POSSE代表)の『ブラック企業-日本を食いつぶす妖怪』(文春新書、2013年)が受賞することに決まりました。おめでとうございます。 『朝日新聞』2013年12月21日付朝刊 ブラック企業は若者を大量に正社員として採用して過酷な労働環境でうつ病や退職、過労死に追…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝日新聞社説「ブラック企業-根絶のために行動を」

厚生労働省のブラック企業調査の報告を受けて『朝日新聞』社説「ブラック企業-根絶のために行動を」が掲載されました(『朝日新聞』2013年12月19日付朝刊)。 (『朝日新聞』2013年12月19日付朝刊 ひどい働き方をさせられていると思ったら、役所に相談するなど行動を起こそう。社会の側はそれを受け止め、企業に是正させる仕組みを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラック企業調査

厚生労働省は12月17日、過酷な働かせ方で若者らを使い捨てる「ブラック企業」対策として、情報をもとに選んだ全国5111の企業や事業所に対して9月に実施した監督結果を発表しました。全体の82%に当たる4189企業・事業所で長時間労働や残業代不払いなどの法令違反があり、是正勧告をしました。ブラック企業が社会問題化する中、違法な過重労働を強い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セミナー「ブラック企業の見分け方と対処術」

ブラック企業対策プロジェクトのセミナーの第一弾、就活生向けセミナー「ブラック企業の見分け方と対処術」が12月15日、東京・世田谷区の北沢タウンホール研修室で開かれ、参加してきました。当日は就活中の大学生をはじめ約30人の参加者がありました。 上西充子さん セミナーは、竹村和也さん(弁護士、東京南部法律事務所)の講演「ブラック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ブラック企業の見分け方」

2015年春に大学卒業を予定する大学3年生の就職活動が12月1日、解禁されました。景況感の改善で企業の採用意欲は高まっており、明るさが出始めているといわれています。しかし、求人数が多少増えても、大手企業は採用基準を満たした優秀な学生しか選ばない「厳選採用」を続けるとみられ、狭き門には変わりないとみられています。 この就活開始を前に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ブラック企業対策プロジェクト」発足シンポジウム

ブラック企業問題が急激に日本の社会問題として浮上している中、「職場で法が遵守される社会、ブラック企業によって若者が使いつぶされることのない社会を目指し」て、「プロジェクトとして様々な領域の専門家が集い、情報・知識を駆使して現状の改善に努める」ことを目的に、ブラック企業対策プロジェクトが発足しました。その発足シンポジウムが11月23日、法…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若者を苦しめるブラックバイト

『東京新聞』9月5日付朝刊「こちら特報部」欄に「若者を苦しめるブラックバイト横行」という記事が掲載されていました。アルバイトにまでサービス残業が強要されたり、試験や就活のために休みが取れない、休むと時給が下げられた、無理なノルマを押しつけられる、など「ブラックバイト」の実態が紹介されています。 (『東京新聞』2013年9月5日付朝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多摩高進研究協議大会・総会

7月5日、多摩地区高等学校進路指導研究協議大会・総会が国際文化理容美容専門学校国分寺校で開かれ、参加してきました。 総会後開かれた研究協議大会では、NPO法人POSSE代表の今野貴晴さんによる基調講演「ブラック企業とキャリア教育」と、「就職指導の困難と課題」をテーマにしたシンポジウムが行われました。 今野さんの講演は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

”ブラックすぎる”学校経営

『週刊文春』2013年6月27日号に「ワタミ渡辺美樹会長”ブラックすぎる”学校経営」という記事が掲載されています。 社員の過労自殺問題などでブラック企業との批判があるワタミの創業者・渡辺美樹会長が、こんどの参議院選に自民党から比例区から出馬することになったことについて、『週刊文春』は、渡辺会長の関係するワタミグループの経営…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ユニクロ

『朝日新聞』2013年4月23日付朝刊にユニクロが「世界同一賃金」を導入するという記事が出ていました。 優秀な人材を確保するために、店長候補として採用した正社員を「グローバル総合職」とし、正社員と役員の賃金体系を統一し、職務内容で19段階に分けたグレードごとに賃金を決め、執行役員や上級部長以上はどの国でも完全同一賃金、部長やスター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ユニクロ 疲弊する職場」を読む

『週刊東洋経済』2013年3月9日号に現在、ネットでも話題になっている「ユニクロ 疲弊する職場」が掲載されています。 これまでユニクロの過酷な労働実態については、ジャーナリストの横田増生氏が今回の東洋経済と同様に長時間のサービス残業などの労働実態を告発した『ユニクロの光と影』(文藝春秋、2011年)や、渡邉正裕氏が自身のW…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

ブラック企業問題をどのように「教育」すべきか

2月23日の午後、日本キャリアデザイン学会研究会が法政大学であり、参加してきました。 著者と語るシリーズの8回目として、NPO法人POSSE代表の今野晴貴さんに『ブラック企業-日本を食いつぶす妖怪-』(文春新書、2012年)をもとに講演していただき、質疑応答をしました。 今野さんが話された中で、テーマに直接関わる学生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過労死企業名開示訴訟

長引く不況と就職難を背景に過労問題が深刻化しています。 「過労社会」の問題を取りあげている『東京新聞』は1月9日付朝刊の「こちら特報部」で、昨年11月に大阪高裁が、過労死を起こした企業名の公表を求めた遺族に対して、企業名が公表されると「ブラック企業」と中傷され、企業に風評被害をもたらしかねない、として、国(大阪労働局)側が企業名を「黒…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

若者を食い潰すブラック企業

むもんあん『朝日新聞』2013年1月5日付朝刊別刷beに「若者を食い潰すブラック企業」という記事が掲載されていました。 『朝日新聞』2013年1月5日付朝刊別刷be 記事は、若者の労働相談に取り組んでいるNPO法人POSSEに寄せられた相談事例を紹介したうえで、ブラック企業は、社員を徹底的に「コスト」としてしか考えず、初めか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ブラック企業をなくせる政治家はだれか?」

12月8日の夜、若者の労働相談に取り組むNPO法人POSSEが主催する討論会「ブラック企業をなくせる政治家はだれか?」があり、参加してきました。会場には20~30代を中心に約60人が集まりました。 代表の今野晴貴さんは、講演で、(1)2009年のリーマンショック以降、世の中では派遣切りで非正規雇用が問題となっていたが、労働相談では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セミナー「ブラック企業から身を守る」

5月22日の午後、NPO法人POSSE主催のセミナー「ブラック企業から身を守る」があり、参加してきました。 今回は、「これだけは知っておきたい3つのルール」をテーマに、弁護士の岩田整さん(TOKYO大樹法律事務所)からお話をうかがいました。 岩田さんは、(1)賃金、(2)退職勧奨と解雇、(3)パワハラ、いじめ、の3つにしぼって、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more