テーマ:大学

学校安全の問題

今日の朝日新聞に「学校安全 教職課程必修に」という記事が一面に大きく出ていました。 『朝日新聞』2019年2月3日朝刊 記事は学校の安全対策は2001年の大阪教育大附属池田小学校での殺傷事件を契機に進み、09年に学校保健法が学校保健安全法に改められ、国や学校設置者、学校が学校安全のために取り組む内容が定められたこと、教育職員…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スタンプラリー みたか再発見1

みたか太陽系ウォーク・スタンプラリー。サポーターをしているので、スタンプラリーにも参加。 2日はふだんあまり行っていない地域をまわることにしました。 野崎・大沢などICU(国際基督教大学)のある西部地域をまわりました。 三鷹西部市政窓口は初めてのところで、こぢんまりとした建物でした。 その近くにあるカド竹内商店に立ち寄ると、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

統制強まる大学の教員養成制度

現在、全国の教員養成の学部や教職課程を設置している大学では、新学習指導要領の改訂に伴う再課程認定を申請し、審査が行われているさなかにあります。 日本私立大学協会の機関紙『教育学術新聞』編集部から、この教職課程再認定、教員養成の問題について書いてほしいとの依頼がありました。そこで、2つの大学で8年間にわたり教員養成にかかわった経験を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京23区の大学の定員抑制に反対するシンポジウム

東京都が主催する「東京23区の大学の定員抑制に反対するシンポジウム」が2月9日、東京都議会議事堂都民ホールで開かれ、参加してきました。 安倍政権は、2017年6月に「きち・ひと・しごと創生基本方針2017」で、東京23区において大学の定員増は認めないことを原則とすることを閣議決定しました。これをもとに18年2月6日には、東…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大学の授業、終わる

大学のキャンバスには、日曜日に降った雪がまだところどころに残っていました。 きょうが大学の授業の最後の日でした。 3年間お世話になったこの大学とも、3月いっぱいで定年退職となるため、教員室にある荷物を片付け、お世話になった教員室の職員に挨拶をして、大学をあとにしました。 私が高校教員を定年前に辞めたあと、大学の教職…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

部活動をめぐって

大学の教職課程で「特別活動」を教えていますが、この3週間は「部活動」を取りあげました。 1週目は、部活動の歴史と現状をテーマに、部活動の歴史、戦後における運動部活動と学校教育、部活動の教育課程上の位置づけ、部活動の現状、顧問の役割について講義をしました。。 2週目は、部活動顧問の加重負担の問題をテーマに、教員自身からの問題提起、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日体大実演会

第55回日本体育大学体育研究発表実演会が11月15日、横浜アリーナで行われ、見学してきました。 現職の教員であったときには、何度か生徒を引率して実演会を見学したことがありますが、20数年ぶりということになります。 最初は大学併設の4高校の生徒による演技あり、浜松日体中学・高校ではマーチングバンド、荏原高校はダンス、日体桜華高…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

加計学園獣医学部新設へ

安倍晋三首相の腹心の友である加計孝太郎が理事長を務める学校法人「加計学園」が運営する岡山理科大学の獣医学部新設をめぐり、林芳生文部科学相は11月10日、大学設置・学校法人審議会が新設を認める答申をした、と発表しました。林文科相は「答申を尊重し、速やかに判断する」としており、獣医学部は疑惑の解明がないまま、来春開設する見通しとなりました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

加計学園獣医学部認可へ

学校法人加計学園が新設の認可申請をしている岡山理科大学獣医学部について、文部科学省の大学設置・学校法人審議会の専門委員会が11月2日に開かれ、開設をおおむね了承したことが分かり、10日にも大学設置審全体として、開設を認める答申を林芳正文科相にする見通しである、と新聞報道がありました(『朝日新聞』2017年11月3日朝刊)。 『朝日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多摩9大学合同研究会

東京多摩私立大学広報連絡会と多摩地区高等学校進路指導協議会との平成29年度合同研究会が10月6日、亜細亜大学で行われ、参加してきました。 研究会のプログラムは、次の通りでした。 第1部 講演 後藤健夫氏(教育ジャーナリスト)「これからの高大接続-様変わりする社会と教育-」 第2部 分科会 第3部 全体会 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

後期授業始まる

非常勤講師をしている大学の秋学期(後期)の授業が始まりました。 さわやかな秋晴れのキャンパスでは、学生たちは外のテーブル席やベンチで食事をしている姿も目立ちました。 木々の葉も色づいているところがありました。 「特別活動」の授業では、出身高校での特別活動の経験交流を行いましたが、学校によって体育祭がなかったり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ブラック部活」を考える

生徒たちは、中学校や高校での部活動で、仲間との関わり、自分との葛藤や達成感、他者への感謝など、授業では得られないことを経験し、学び、人間的にも成長していきます。部活動は、「自主的な活動」であり、教育課程には位置づけられていないにもかかわらず、学校教育の中に深く根づいています。 しかし一方で、部活動によって、生徒にとっては、部活動が…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ゲスト授業-学生の感想

7月7日に上智大で講師をされている末廣啓子先生の「「生徒指導と進路指導」の授業に招かれ、桜華女学院(現・日体桜華)高校に在職していたときに取り組んだキャリア教育の実践を紹介しました。 桜華女学院のキャリア教育は、総合的な学習の時間を中心に1年次から3年間、総合学習「人間・生きる」を総合テーマとして行われました。 3年間の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲスト授業

上智大学で講師をされている末廣啓子先生から依頼されて、私が高校在職中に先生方と取り組んだキャリア教育の実践を紹介してきました。高校を退職してから毎年お願いされているので、今年で7回目くらいになります。 今日は七夕のためか、大学のキャンパスは浴衣姿の学生たちでたくさん目につきました。キャンパスが華やかな感じになっていました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キャリア・カウンセリング

夏至で、一番昼間の長い日でしたが、東京は雨となり、風の強い一日でした。 大学のキャンパスも、昼頃から風が強くなり、人影はまばらでした。普段ならベンチなどで弁当などを食べている学生たちも、は校舎内で雨を避けていました。 今週の「生徒指導及び進路指導」の授業は、キャリア・カウンセリングがテーマ。 キャリア・カウンセリン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

職業レディネス・テスト

梅雨に入り、雨のぱらつく大学のキャンパスには、紫陽花が咲いていてきれいでした。 今週の「生徒指導及び進路指導」の授業は、「生徒理解と自己理解」がテーマでした。 生徒理解と自己理解の意義と役割や、生徒理解のための個人資料の収集と整理・活用などについて講義をしたあと、教員が生徒理解を深める活動として、生徒の日常の観察とともに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新年度の授業始まる

大学の2017年度の授業が始まりました。私にとっては、この1年間の授業が、大学での最後の授業となります。 キャンパスはあいにくの雨で、満開の桜も雨に打たれて、花びらを散らしていました。 「特別活動」の授業では、ホームルームでの自己紹介の方法の1つとして、「私ってこんな人」というワークをやりました。 アイスブレイクと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「宇都宮大学キャリア教育・就職支援センター10年史」

宇都宮大学教授でキャリア教育・就職支援センター副センター長の末廣啓子先生より『宇都宮大学のキャリア教育・就職支援センター10年史』(2017年1月刊)をお送りいただきました。ありがとうございました。 末廣先生は、2014年4月に宇都宮大学に着任され、1月に発足したキャリア教育・就職支援センターの副センター長として、実質同セ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学校・部活動における重大事件・事故から学ぶ研修会を聴講する

日本体育大学の南部さおり准教授が中心となって開催された第3回学校・部活動における重大事件・事故から学ぶ研修会が1月30日、同大学記念講堂で開かれ、聴講してきました。 これまでの2回は部活動中に子どもを亡くした遺族が登壇し、指導者の理不尽・不適切な「指導」によってわが子が死亡した状況、学校や教育委員会の隠ぺいの実態を語りまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

授業アンケート

気温の上がらない寒い一日でしたが、大学のキャンパスは陽の当たるところは暖かく、少しずつ春が近づいているのが感じ取れます。 今年度最後の授業「生徒指導及び進路指導」で、授業アンケートをとりました。 1.授業の中で参考となった、印象に残っている項目では、10名のうち18項目が生徒指導に関わる項目、12項目が進路指導・キャ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

労働法教育

今週から新年の授業が始まりました。キャンパスは、風がなかったせいか、陽の当たるところは明るく暖かい感じがしました。 「生徒指導及び進路指導」の授業は労働法教育について、その必要となっている背景を説明した上で、労働法教育を先駆的に行っていた高校の事例を紹介しました。 また、学生たちにはアルバイトのアンケートをし、それをもと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「中教審答申で教師教育はどう変わるか」

日本教師教育学会主催の公開シンポジウム「中教審答申で教師教育はどう変わるか」が12月4日、早稲田大学小野記念講堂で開催され、参加をしてきました。 2015年12月の中教審答申「これからの学校教育を担う教員の資質能力の向上について」をもとに、16年11月には教育公務員特例法、教育職員免許法、独立行政法人教員研修センター法の一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キャリア・カウンセリング

大学のキャンパスも冬の気配が濃くなってきました。 今週の「生徒指導及び進路指導」はキャリア・カウンセリング(進路相談)。 キャリア・カウンセリングの意義と役割、目的、取り扱われる内容、用意すべき資料、キャリア・カウンセリングに必要な基本的技術、進路相談の計画と実施などについて説明をしたあと、学生たちにはキャリア・カウンセ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

職業レディネス・テスト

大学のキャンパスの、研究棟前の木々は、葉が落ちて枝だけになっていました。冬が近づいていのがわかります。 今週の「生徒指導及び進路指導」の授業は、「自己理解と生徒理解」。そのなかで進路指導に関わる諸検査の1つとして、職業興味や指向性を測る検査として開発された職業レディネス・テストを紹介し、学生たちには実際にやってもらい、結果…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「専門職業大学」構想が問うもの

中央教育審議会が今年5月に実践的な職業教育を行う高等教育機関として「専門職業大学」(仮称)の創設を答申しました。しかし、専門学校関係者以外ではほとんど話題に上っていません。そうした中、『現代思想』第44巻第21号(2016年11月号)が児美川孝一郎さん(法政大学)のインタビュー記事と植上一希さん(福岡大学)の論考を掲載しました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

授業見学

来年度「商業」で教育実習を行う学生を対象にした授業見学が11月11日にあり、担当の先生とともに付き添い、東京・亀戸にある中央学院大学中央高校の商業科の授業を見学してきました。 1年生の「情報」の授業はワードで通信文を作成する実習授業でした。ビジネス文書実務検定2級に向けての模擬問題でした。まだ15分で文書を完成できた生徒は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

組み体操

大学のキャンパスにある木々の中には黄色く色づいた葉のある気も目につきました。 今週の大学の授業「生徒指導及び進路指導」のテーマは「学校安全の問題」。 レジュメに沿って、大阪教育大学附属池田小学校事件、学校安全の領域、学校管理下の事故災害の実態、学校安全の方策、学校安全計画、災害共済給付制度、学校安全に関わる法律等につ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多摩私立9大学研究会

東京多摩私立大学広報連絡会と多摩地区高等学校進路指導協議会による合同研究会が10月7日、実践女子大学日野キャンパスで開かれ、参加をしてきました。 東京多摩私立大学広報連絡会は、1989年に亜細亜大学・杏林大学・国際基督教大学・成蹊大学・津田塾大学・東京経済大学・日本獣医畜産大学・武蔵野大学の8 大学で発足し、現在、加盟校は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋学期、始まる

長い夏休みが終わり、秋学期の授業が始まりました。 キャンパスにも葉が色づいた木が見られ、秋を感じさせてくれていました。 授業は「生徒指導及び進路指導」。最初の授業だったので、はじめに高校時代を振り返り、「生徒指導(生活指導)」という言葉からイメージすることを、それぞれ語ってもらいました。 ・体育の怖い先生にしごかれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「専門職業大学」

児美川孝一郎さん(法政大学教授)が『月刊高校教育』2016年9月号の連載「高校教育あれこれ」に「『専門職業大学』って、いったい?」という論考を書かれています。 児美川さんは、今年5月の中央教育審議会答申「個人の能力と可能性を開花させ、全員参加による課題解決社会を実現するための教育の多様化と質保証の在り方について」によって、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more