テーマ:家族

5歳の誕生日

3月20日は息子夫婦の長女、孫娘の5歳の誕生日。夜、みんなで誕生日のお祝いをしました。群馬のばぁーばも、ちょうど息子夫婦の家に来られていたので、一緒にお祝いをしました。 ママと一緒に選んだケーキを囲み、ろうそくに火をつけて、ハッピーバースデーを歌い終わると、ろうそくを一所懸命吹き消していました。 保育園か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

孫たちと夕食

日曜日は久しぶりに息子夫婦の家で一緒に夕食をとりました。 リビングにはひな人形が飾られていました。 息子夫婦は、家から5分くらいの所に住んでいるので、土日は孫たちも一緒に家に来て夕飯を食べていってくれるのですが、今回は逆に招待されました。日曜日は妻が、中学時代の友人のコンサートに招かれて出かけることになっていたので、前日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

姪の結婚報告

義妹の長女、つまり私にとっては姪にあたりますが、5月に結婚すると知らせてきました。 義妹と一緒に三鷹まで来るというので、吉祥寺で待ち合わせ、一緒にお祝いの食事をしました。 妻とは二人姉妹で、義妹は夫に先立たれ、2人の子どもを1人で働いて育ててきました。長男も結婚して孫も2歳になっており、長女も結婚することになり、少し肩の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誕生日祝い

息子のお嫁さんの誕生日は1月3日。いつもお正月に紛れて、誕生日らしい誕生祝いはなかったとのこと。 息子と結婚してからは、3日に群馬の実家に帰っていったので、私たちとも誕生祝いをすることはありませんでした。 孫たちを保育園に預けたあとに吉祥寺へ行くということだったので、吉祥寺で待ち合わせて、一緒にお祝いのランチをすることにしました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ママの誕生日

3日は、妻が買い物に行くというので吉祥寺へお供しました。 ついでにどこか初詣に行きたいというので、東伏見稲荷神社へバスで行きました。 3日なので初詣客も少ないのではと思っていましたが、警察の規制があり、しばらく並びました。 夜は、息子夫婦、孫たちと一緒に食事。 食事後、ママの誕生日なので、ケーキとコー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年始参り

元日は東京でも雪が舞う冷たい一日でしたが、2日は穏やかな一日でした。 雪が舞う玄関前 2日は、家の近くの親戚に年始の挨拶に行ったあと、大田区久が原にある実家に家族みんなで年始の挨拶に行きました。兄弟も集まり、孫たちもいたので賑やかになりました。長兄は一昨年になくなってしまったので、次兄の発声で新年の乾杯をしました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誕生日祝いの会

89歳になる義母の「誕生日祝いの会」を8月30日、グランドプリンスホテル新高輪のレストランで開きました。私たち夫婦をはじめ、義妹、義母から見れば孫やひ孫ら全員が集まりました。 食事後、お祝いのプレゼントを渡すと、義母は少し涙ぐんでいました。 夜はザ・プリンスさくらタワー東京に宿泊しました。 いまは認…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家でバーベキュー

11月3日、家族や義妹、義妹の息子夫婦が集まり、家の横のガレージでバーペーキューをしました。 2月に義妹の息子夫婦に孫が生まれ、8か月が経ちました。おばあちゃんにひ孫を見せるために千葉から来たのでした。 みんなでお昼にバーベキューをすることにし、私は炭をおこすことと肉を焼くことを担当しました。 着火剤がしけっていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

亡き兄の思い出

4月19日の早朝、長兄が亡くなりました。 昨年の3月くらいから体調が悪いと言っていたのですが、自宅で療養していました。しかし、今年に入ってからはかなり症状が悪い状態になり、入院しました。そして一時は自宅に戻ったのですが、転院先の病院で静かに息を引き取りました。76歳の生涯でした。病名は突発性肺線維症という原因不明の難病でした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「東京家族」

山田洋次監督の監督生活50周年を祈念した作品「東京家族」を観てきました。 作品は、小津安二郎監督の名作「東京物語」をもとに、小津監督への尊敬の念をこめて製作されたものです。 映画は「東京物語」の舞台を東日本大震災後の現代に移し、瀬戸内海の小島と東京という物理的な距離と会えない時間的な距離がいかに家族のあり方を変容させ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お彼岸

台風が去り、さわやかな秋晴れになりました。 お彼岸でお墓参りに行ってきました。中日の23日には義父のお墓のある三鷹・大盛寺別院の墓地へ、24日は大田区の実家に近い安詳寺の墓地へ。安詳寺の墓地の片隅には彼岸花も咲いていました。 安詳寺にて 実家に着くと、兄夫婦のほか、新座に住む次兄も来ていて、そのあと近くに住む姉夫婦…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

弧族の国

『朝日新聞』12月26日付朝刊から「弧族の国」という連載が始まりました。 いま社会のかたちが恐るべき勢いで変わっている。かつては父母に子ども2人が「標準世帯」といわれていたが、いまは「普通の家族」という表現が成り立たない時代を私たちは生きている。 個人を抑え込むような旧来の人間関係から自由になり、生き方を自由に選び、個を生かすこ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

神代植物公園

秋晴れとなり、気温も上がった10月11日、息子たち夫婦と一緒に近くの神代植物公園に行ってきました。 日射しは強かったですが、木陰に入ると涼しく感じました。白銀の穂を出しているパンパスグラスの見える芝生広場の木陰に、レジャーシートを敷いて、もう少しではいはいを始めそうな孫娘を囲んで昼食をとりました。 パンパスグラス 芝生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お礼参り

10月2日、息子たち夫婦と一緒に、水天宮へお礼参りに行ってきました。 孫娘が誕生してから6か月が経ちました。首もすわり、遠出をしても大丈夫になり、外出にもよい気候になったので、行くことにしたのです。 水天宮は、安産の祈祷やお宮参りの人たちで混んでいましたが、腹帯を返したあと、みんなでお参りをしました。 そして、ロイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「春との旅」

小林政広原作・脚本・監督の映画「春との旅」を下高井戸シネマで観てきました。 * 19歳の孫娘・春(徳永えり)と北海道の漁村、増毛で暮らす74歳の忠男(仲代達矢)。かつて漁師だった忠男は、妻と春の母である一人娘にも先立たれ、兄弟たちとも疎遠になってました。春が勤めていた小学校が廃校になり、給食の仕事をしていた春は失業し、都会に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シルバーパス

妻の母のシルバーパスの更新続きのために市役所まで行ってきました。 三鷹市役所 シルバーパスは70歳以上の高齢者に対して都内のバスが市民税非課税等だと1000円で発行されるパスです。 息子から「お父さんももらっているの?」の聞かれましたが、パスをもらうためにはまだ7年先とはいえ、そのように言われると、歳を取ってきたのかな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みとりなき社会

この夏、高齢者の所在不明が相次ぎ、大きな社会問題になっています。 『朝日新聞』9月3日付朝刊に、「身寄りのないまま行き倒れ、死後も身元不明のままの人々がいる。無縁仏となった遺骨は、宅配便で遠い町の寺に移される」というリードのもとに「みとりなき社会」の現状をルポした記事が掲載されていました。 ある病院では、搬送されてきた身元の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おたのしみ会

息子夫婦が孫を連れて、近くにある保育園で開かれる「おたのしみ会」に行くというので、ついていきました。 おたのしみ会は、ヨーヨー釣りや綿あめ、かき氷、焼きそばなどの模擬店の他、ゲームなどで楽しむ、保育園の夏祭りでした。開会前から、子どもたちやその家族で賑わっていました。 保育園は、息子も通ったところですが、30年ぶりに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お食い初め

長男に娘が生まれて100日目。 お食い初めのお祝いをしました。 子どもが一生、食べ物に困らないように願い、赤ちゃんに食べ物を食べさせる儀式です。 お赤飯を食べさせるまねをさせて、記念写真を撮ろうとしたのですが、孫はご機嫌斜めになってしまい、大声で泣き叫び、ご機嫌が直るまでしばらく儀式を中断するハプニングがありました。 母…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more