テーマ:企業

日本キャリアデザイン学会研究会へ行く

7月6日の午後、日本キャリアデザイン学会第50回研究会が法政大学であり、参加してきました。 研究会のテーマは、「私たち女子中高生、キャリアを懸命にデザインしています!!」。 東京・私立中村中学校・高等学校では、副校長の永井哲明さんが中心となり、中高6年間のキャリアデザイン教育を進めています。「30歳」の自分の将来について考え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

派遣法改正

労働者派遣法の改正が3月28日に成立しました。しかし、当初の改正案からは大幅に後退した規制内容となり、製造業派遣の他、仕事があるときだけ雇用契約を結ぶ「登録型派遣」の禁止が見送られ、違法な派遣があった場合に派遣先の企業が派遣労働者を直接雇用とみなし、身分を守る「見なし雇用制度」の導入が3年先送りになるなど、いわば骨抜き改正となりました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時間外労働ランキング

「My News Japan」によれば、『日本経済新聞』2010年2月22日付朝刊の就職人企業ランキングに掲載された225社の労働基準監督署に提出された時間外労働の協定書(36協定)を情報開示請求で入手したところ、225社のうち60.8%にあたる137死が、国の過労死基準を超える時間外労働を命じることができる労使協定を締結していることが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

職場のパワハラ

先日刊行されたPOSSE』第14号(2012年3月)では、職場うつを生む日本の職場の分析と、労働者側に立った対策を考えるとし、特集「間違いだらけ? 職場うつ対策の罠」が組まれています。 大手衣料量販店・X社では、従来の日本型人事制度から「決別」しましたが、精神疾患を患い、離職する若手社員があとを絶たない状況にあるとし、この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女たちの25年

採用や昇進での男女差別をなくす男女雇用機会均等法が施行されて25年になります。『朝日新聞』3月10日付朝刊は、男女雇用機会均等法によって何が変わり、何が変わらなかったのか、女性はより幸せになったのかを、「女たちの25年」と題して、4人の女性にインタビューした記事が掲載されていす。 河野真矢子さん(キリンアンドコミュニケーションズ社…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キャリア教育アワード

3月8日の午後、第1回キャリア教育アワードが東京・千駄ヶ谷の津田ホールで開かれたので、参加してきました。 「キャリア教育アワード」は、経済産業省が、これからの社会を支える子どもたちに対する社会的投資として、産業界によるキャリア教育への参画活動を促進する観点から、企業等における教育活動の先進的な取り組みを表彰し、こうした企業…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more