テーマ:大震災

子どもの被曝限度量

文部科学省は4月19日、福島第一原発事故を受け、福島県内の児童・生徒の年間被曝線量の暫定基準を年20ミリシーベルトとすることを通知しました。 この通知に対して猛反発する市民団体が21日、撤回を求めて、参議院議員会館で政府と交渉したことが、『東京新聞』4月22日付朝刊「こちら特報部」に掲載されていました。 文科省の基準は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「生まれてくる生命を支える社会を創る」

雑誌『世界』2011年5月号は東日本大震災・原発災害の特別編集号を組んでいます。 雑誌『世界』2011年5月号より その中で私が教えられた論考は、中野佳裕さん(国際基督教大学)の「生まれてくる生命を支える社会を創る」です。 中野さんは、今回の震災であらわになった日本社会の姿を「むなしさ」と表現しています。 その理由を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3・11大震災と福島原発事故

4月16日の午後、変革のアソシエ、たんぽぽ舎共催による緊急シンポジウム「今、日本で何が起こっているか-3・11大震災と福島原発事故を考える」があるのを知り、参加してきました。 プログラムは、次の通りでした。 1.被災地からの報告  ・仙台の被災地から  半田正樹(東北学院大学教授)  ・支援物資をいわき市に運んで  三上 治…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more