テーマ:絵画

「斎藤与里のまなざし」展

中村屋サロン美術館の招待券をいただいたので、連休の最後の日、7月20日に妻と一緒に行って来ました。 中村屋の創業者、相馬愛蔵・黒光夫妻は、芸術に深い造詣を有していたことから、大正時代、中村屋には多くの芸術家や演劇人などが出入りするようになりました。これが「中村屋サロン」の始まりですが、その画家の一人が斎藤与里でした。中村彝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「萬鉄五郎記念美術館」へ行く

8月21日、宮沢賢治童話村を見学した後、タクシーを貸し切り、花巻市東和町にある萬鉄五郎記念美術館と遠野市宮守にある「めがね橋」に行きました。 タクシーの運転手は女性でした。「萬鉄五郎美術館に行きたい」と話をすると、「見学地に萬鉄五郎美術館を入れるなんてめずらしいですね。お客さん、何か調べられているんですか」と言われました。 萬鉄…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

仙台散策

11月23日の午後、遠刈田温泉からの帰りに東京までの新幹線を待つ空き時間を利用して、仙台の街を周遊バス「ループル仙台」でまわりました。 時間も限られていたので、土井晩翠の旧宅「晩翠草堂」と仙台城趾、宮城県美術館の3か所に立ち寄りました。 土井晩翠は「荒城の月」の作詞者として知られていますが、「荒城の月」が発表されたのは1901(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

農のある風景画

11月6日、7日に行われた三鷹市農業祭で、市内の小学生が描いた風景画「農のある風景画」が展示されていました。 JA東京むさし三鷹青壮年部では、毎年、子どもたちの地元農業に対する思いを描いてもらい、優秀作品13枚は毎月の絵として「食育カレンダー」に掲載する取り組みをしているとのことです。 会場に展示されていた風景画の中からいく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more