「職業実践専門課程」についてのコメント

リクルートが発行している高校生向けの進学情報誌『リクナビ進学ブック 進学事典 学校選び応援号2014 進路ジャーナル[大学・短期大学・専門学校版]』 で来年4月から専門学校で先導的試行が始まる「職業実践専門課程」について先日、取材を受けましたが、そのコメントが掲載された情報誌が送られてきました。
*情報誌では、「職業専門実践課程」となっていますが、誤植ですので、「職業実践専門課程」と改めました。

画像
『リクナビ進学ブック 進学事典 学校選び応援号2014 進路ジャーナル[大学・短期大学・専門学校版]』 より

2.専門学校選びが変わる!? 来年度から始まる「職業実践専門課程」」
  実務に近い勉強ができる学校が、見つけやすくなる

2014年度から、専門学校に「職業実践専門課程」が認定されることが決まった。これは、教育課程を決めるときに専攻分野に関する企業・団体の意見を取り入れ、さらに、連携して実習や演習を行うなど、 一定の条件を満たしている学科を、文部科学大臣が認定するというものだ。
長年、高校で進路指導を行い、現在は慶應義塾大学非常勤講師を務めている山野晴雄さんは、「学校選びで参考にできる情報が増える」と話す。「認定制度の目的は、企業との連携を深めてより実務に近い職業教育を行うことで、専門学校の教育の質を上げること。認定された学科は、2014年春には、学科のホームページでその事実と、講義や実習ごとの単位時間や教員数、主な就職先などを公表します。さらに、その後行われる学校評価の結果も公表することが義務づけられているので、注目してほしいですね。どれだけ実務に近い勉強ができるのかを知る材料になると思います」                                   (以上、転載)

限られた紙面ですので、コメントは話したうちのごく一部しか掲載されていませんが、専門学校選びの際に職業実践専門課程に認定されている学科かどうかは重要な指標になるものです。
職業実践専門課程に認定されれば、教育課程編成委員会には各学科ごとの専攻分野に関連する企業・団体の委員が入り、また、学校関係者評価委員会にも各学科ごとの専攻分野に関連する企業・団体の委員を選任することが義務づけられます。そして、各学科の教育活動が関連業界・企業との連携による、より実務に近い職業教育に取り組み、PDCAサイクルにもとづいて教育を改善し、質の向上をはかることが求められます。
これまで学校評価を実施、ホームページで公表をしている専門学校はそれほど多くはありませんでした。職業実践専門課程については学校評価(自己評価、学校関係者評価)の実施と公表が義務づけられましたので、公表される情報をもとに学校を比較検討することができ、学校選びに活用できることにもなります。

日本では、とかく職業教育は普通教育よりも低く見られてきましたが、この職業実践専門課程の先導的試行が進み、専門学校の教育の質、教員の質が担保されるようになれば、専修学校団体の悲願である一条校化(学校教育法第一条に規定されている学校種)も視野に入ってきます。専門学校関係者は、形式的な学校評価で事を済ませるようなことは絶対あってはならず、専門学校教育の質の向上が求められていることを肝に銘ずる必要があります。

"「職業実践専門課程」についてのコメント" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント