『近現代日本史と歴史学』

大学院時代の後輩である成田龍一さん(日本女子大学)から『近現代日本史と歴史学』(中公新書、2012年)を送っていただきました。ありがとうございました。

画像


成田さんは、「通説に変化を迫るのは、研究だけにとどま」らず、「世の中の変化が歴史の見方を変え、通説を支えいてた解釈を変え」とします。とくに近現代史は、「時々の政治状況や国際関係が、解釈に影響を与えることが少なく」ないとします。戦後の歴史学研究は、社会経済史をベースにした見方から出発しましたが(第1期)、1960年頃から民衆の観点を入れた見方へ(第2期)、さらに1980年頃から社会史研究を取り入れた見方へ(第3期)とパラダイム・シフト(変化)していったとします。その中で教科書は、社会経済史をベースにした第1期もとに、民衆の観点を取り入れた第2期の成果がいくらか描き込まれているという状況にあり、教科書の歴史像といま現在、歴史学で議論されている歴史像との間には隔たりがある、といいます。

この書物は、近現代日本史を「明治維新Ⅰ-開国」「明治維新Ⅱ-倒幕」「明治維新Ⅲ-維新政権」「自由民権運動の時代」「大日本帝国論」「日清・日露戦争の時代」「大正デモクラシー期」「アジア・太平洋戦争の時代」「戦後社会論」の9つのテーマに分け、第1期の教科書の記述を歴史の流れの導入として、次に、第2期、第3期は、どのように新たな見方・解釈と叙述、すなわち歴史像を提供したのかを紹介し、近現代日本史を再構成しようとしたものです。
大正デモクラシー期の第2期の研究の中で、「さまざまな社会運動の探究」も進められたとし、私が事務局長を務めた自由大学研究会についても紹介してくださっています。「自由大学研究会は、長野県をはじめ全国につくられた自由大学を発掘し、自己教育運動として把握しました」と。

成田さんが大学の史学科に入学した1970年は、私が大学を卒業し、大学院の修士課程に入学した時期でした。成田さんは、「あとがき」で、その頃のことについて、「「戦後歴史学」がが健在であり、「民衆史研究」が魅力を持っていた時期」だと述べています。
私自身も「民衆史研究」に魅せられた1人であり、鹿野政直先生の研究に大きな影響を受けていたこともあり、民衆の視点から大正デモクラシーを研究することをこころざし、長野県をフィールドに自由大学運動の研究を進めていきました。その後、自由大学運動については鹿野先生や金原左門先生が通史で取り上げてくださり、そのこともあって、高校の日本史教科書にも叙述されるようになりました。

この書物の原型は、歴史の教員を目指す学生たちへの講義だということですが、学生にとどまらず、歴史に興味を持つ方々にぜひ読んでいただきたいと思っています。

"『近現代日本史と歴史学』" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント