買いだめ続く

依然として買いだめが続いています。

生協の前には、まだ開店30分前だというのに、すでに20人近くの人が並んでいました。
画像


サンドラッグでも開店前から人が並び、ティッシュペーパーは開店と同時になくなっていました。
10時前なのに、入口前には、ティッシュペーパー、ボックスティッシュペーパー、乾電池、米、水は売り切れの張り紙がしてありました。

画像


家の近くのガソリンスタンドは9時頃まで営業を休止していました。それでも自家用車やトラックなどが列をなして並んでいました。タンクローリーが来てガソリンの供給ができるようになりましたが、自動車の列は50台以上になっていました。

画像

画像


市はホームページで、「生活用品の買い占め等は控えましょう」と呼びかけていますが、全く無視されています。

牟礼地区は今日も計画停電の対象から外れています。
大地震が起こる前は、平日の開店時にはほとんど人が並ぶ姿を見たことがなかったのに、生活用品を買いだめするために並ぶ風景は異常です。
生活用品が品薄になっているのは、買いだめをする人がいるからです。あとから買いに来る人のためにも、必要な分だけを買うようにする助け合いの精神が求められます。もう少し冷静に対処してほしいものです。

"買いだめ続く" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント