『「明治」の断章』

大学院時代の同じゼミの先輩、佐藤能丸さんから著書『「明治」の断章』を送っていただきました。ありがとうございます。

0100.jpg

佐藤能丸さんは、明治時代の思想家三宅雪嶺を研究されていましたが、その時代の人物や思想、知識についてはよく勉強されていて、その博学ぶりは私たちの到底及ぶところではありませんでした。

おくっていただいた著書は、これまで書かれた論文等の中で、ご自身の著書に収録されていなかったものをまとめたものだということですが、
明治期の社会思想について概観した論文、三宅雪嶺、高田早苗、大隈重信、福沢諭吉などの人物、明治期の民間史学、早稲田大学の歴史、そして「明治文学全集」の書評などが収録されています。

明治時代については、高田早苗の立憲主義的帝国主義思想について私も論文にまとめたことがありますが、ジャーナリストとしての高田早苗という視点からは見てこなかったので、勉強になりました。

これから少しずつ本書で勉強したいと思っています。

この記事へのコメント