上田自由大学100周年プレ大会

上田市教育委員会生涯学習・文化財課主催による生涯学習シンポジウム 上田自由大学100周年プレ大会が、2月28日、上田市中央公民館で開かれました。

IMG_9008.JPG

このシンポジウムは、「私たちのはてしない物語~上田自由大学・若者たちの試み~」をテーマに、上田で100年前の1921年に若者たちが始めた自由大学運動。今に続く学びの情熱について、一緒に考えてみようという趣旨のもとに開かれたものです。

私も直接会場で参加を申し込んでいましたが、直前になって、新型コロナの感染防止のため、市民以外の参加はできなくなり、Zoomでの視聴になりました。

ワカモノLABOの長野大学の学生たちによる基調発表は、若い人たちが自由大学をどのように受けとめ、自分たちの活動につなげているのかをしることができました。また、それを受けてのパネルディスカッションでは、100年前の自由大学をになった人たちの初心をふまえ、現代の市民活動にどう活かしていくのか、学びと実践の相互作用の大切さをうかがうことができました。

9月11日には上田自由大学100周年大会が上田市のサントミューゼで開催されます。大会にに向けて実行委員会も立ち上げになるようですが、市民が主体となって企画が立てられるとよいと思っています。上田自由大学の歴史を検証し、その歴史的意義を確認したうえで、現代の生涯学習にどのように活かしていくのかを考えるシンポジウムが行われることを期待しています。
私も自由大学運動の研究者の1人として、できるだけ協力させていただきたいと思っています。


この記事へのコメント

深町稔
2021年03月01日 17:08
山野 晴雄先生
役所の立場で東京(長野県外)からの参加者はご遠慮をということのようでした。
次のチャンスにはぜひお会いしたいです。
参加者は年寄りばかりではなく、よく集まったなと思っています。
内容的にはちょっと食い足りない思いでしたが、ま、こんなところからの始まりで仕方ないかと思いました。
長島先生の研究は新しい資料からか、細部にわたっての発表でした。
古平先生の方は活舌の関係か、私の耳のせいか、聞き取れないところが多く、残念でした。
どこかで山野先生の著作を紹介し、自由大学の本質討論にしていきたいと思います。竜野さんと相談してみます。
 深町 稔
山野 晴雄
2021年03月08日 13:29
深町さん、コメントありがとうございました。
当日は、上田まで行けず、残念でした。
上田自由大学100周年大会が地元の教育委員会や市民の方々で開催されようとしているのは、とてもよいことだと思っています。プレ大会は、確かにもう少し深い議論ができるとよかったと思います。そのためには前提となる自由大学の歴史的意義を踏まえることが必要だったと思います。学生による自由大学の歴史の捉え方はほとんど近年の研究成果を取り入れていなかったので、その点も物足りないところがありました。
100周年大会がよりよいものになるように深待さんからもお力添えいただければ幸いです。