部活動ガイドライン順守ゼロ、選抜高校野球出場校

3月23日から開幕した選抜高校野球大会。東京新聞が出場校32校を対象にスポーツ庁が策定した運動部活動ガイドラインを守っているかどうかアンケートしたところ、「平日2時間、週末3時間まで」などの規定を完全に守っている学校は1校もなかったことが分かりました。(『東京新聞』2019年3月23日朝刊)

画像
『東京新聞』2019年3月23日朝刊
 
アンケートは2月に匿名を条件に実施し、27校から回答を得たもの。ガイドラインを踏まえて活動を見直したかについて、15校は「変更なし」、12校が「一部を見直した」と答え、九州地区のある高校は平日の練習を6時間から4時間に削減、休養日は4校が、週ゼロ回だったのを1回に増やしたという。その結果、27校の現在の活動の平均は、平日3.4時間、週末6.4時間、休養日は週に0.92日、通常の休み以外のオフ日は年7.4日でした。
強化優先、勝利至上主義から抜け出せず、長時間の練習を続けている実態が明らかになりました。

この実態は、ガイドラインを策定しても、高体連や日本高校野球連盟などが大会のあり方を抜本的に見直し、ガイドラインを守らない学校は大会出場禁止にするくらいのことをしないといけないし、とくに私立高校は部活動を売りにしている高校も少なくなく、競技成績がスポーツ推薦入試に直結している実態も見直さないと、ガイドラインが形骸化するのは目に見えています。

内田良さん(名古屋大学准教授)は、アンケート結果について、「勝利至上主義の文化は変わっていない。部活動は教育現場で行われる以上、子どもの安全や健康を最優先した上で大会や競技のあり方を考えるべきだ」としてき、「例えば『活動日は週三日』と決め、守らないチームは出場できなくするなどの方法もある」と提案しています。

高野連は、新潟高野連が大会での投手の投球制限を導入する提案をすると、それに待ったをかけるなど、競技のあり方の改善にも消極的で、ガイドラインの順守のよびかけすらしないのも問題です。ガイドラインを踏まえて生徒の安全や健康を最優先に、活動のあり方、大会のあり方を早急に検討すべきです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック