「絵本にみる日本画」展

千駄ヶ谷にある佐藤美術館で開かれている「絵本にみる日本画」展に招待券をいただいたので観てきました。

画像

画像


日曜日でしたが、人は少なく、ゆっくり鑑賞することができました。

展示されていたのは、秋野不矩の「きんいろのしか」「いっすんぼうし」、朝倉摂の「たつのこたろう」、岡村桂三郎の「海女の珠とり」、福井江太郎の「駝鳥」。

絵本の挿絵の原画は、いわさちきひろなどの絵本画家だけでなく、日本画家によっても手がけられてきたことが、わかります。

画像

画像


「たつのこたろう」は、子どもにも読ませた絵本の1つだったので、懐かしい感じがしました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック