吾妻山公園

2月21日、進学相談会が神奈川県二宮町であり、高校生に大学進学のガイダンスをしたあと、近くの吾妻山公園に菜の花と富士山を見に散策してきました。

画像


菜の花の向こうに雪に覆われた富士山が見えると、先日の朝日新聞にも写真付きで記事が載っていました。

公園入口の約300段の階段を上ると息が切れそうでしたが、第2展望台からは湘南の海が眺められました。

画像

画像


道の両脇に水仙の咲く道をしばらく進むと公園事務所に着き、そこから少し登れば、標高136.2mの山頂広場に着きます。

画像

画像

画像


広場では遠足の子どもたちがお昼のお弁当を広げていました。

残念ながら、日は差しはじめていましたが、富士山は雲に覆われてみることはできませんでした。
2年前に来たときには菜の花越しに富士山が見えたのですが。

しばらく菜の花や少し霞む相模湾を眺めながら風景を楽しみました。

帰りは、日本武尊と弟橘媛命が祀られている吾妻神社に立ち寄りました。縁結びの神として信仰されているとのことですが、緋寒桜がきれいに咲いていました。

画像


二宮駅前には、「ガラスのうさぎ像」が建っていました。太平洋戦争末期の1945年8月5日、二宮駅周辺が米軍機の機銃掃射を受け、このときに目の前で父を失った12歳の少女が、哀しみを乗り越え、けなげに生きていく姿を綴った高木敏子の「ガラスのうさぎ」は、よく知られています。この出来事を後世に伝えるために、多くの町民の募金により1981年に建てられたのが、この像だということです。

画像


少し遅いランチをとり、二宮をあとにしました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック