雪の残る井の頭公園

1月25日、東京の朝は、東京都心で零下4度を記録し、この冬一番の冷え込みを記録しました。上空に強い寒気が流れ込んでいる影響によるものですが、都心で零下4度を記録したのは1970年1月17日以来、48年ぶりということです。
三鷹ではもう少し低い温度を記録したと思いますが、庭の雪もまだ溶けません。

義母のいる老人ホームに行った帰り、三鷹駅から風の散歩道を歩き、井の頭公園、そして吉祥寺駅まで歩きました。

玉川上水沿いの道は歩道も雪はなく、歩きやすかったですが、井の頭公園の駐車場の奥の林の中はまだ雪で白く覆われていました。
弁財天に通じる坂道は手すりにつかまって歩かないと滑りやすい状態でした。

画像

画像


井の頭池は、かいぼりが始まり、池の水はほとんどなくなっていて、池底に積もった雪で覆われているところもあり、ふだんとは違った風景になっていました。 

画像

画像


冷たい空気の中でしたが、雪の残る公園を散策する人が見られました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック