池上線フリー乗車DAY 御嶽山から五反田まで

御嶽山駅から洗足池駅へ。
池上線沿線の中では、電車の中から池を眺めることができ、景色の良いところです。

画像


洗足池には、池畔に洗足池図書館があり、高校時代、冷房がある図書館で受験勉強をしようとよく出かけた記憶があります。席が限られているので、時間前に行って並んだことが思い出されます。
学生時代には、何度か、池の手こぎのボートに乗った記憶もあります。
この日は、20分間無料でボートが乗れると、多くの人が列を作っていました。

画像

画像

画像


洗足池駅から少し歩いたところに小池公園があるので、初めて立ち寄ってみました。洗足池の大池にたいして小池と呼ばれていた湧水池です。戦前から釣り堀として使われていて、その後放置されたままになっていたのを2009年に公園として整備されたそうですが、住宅地の中に水辺があるのは貴重です。カワセミやサギなどの鳥や四季の野草、小魚の泳ぐ姿が見られるということです。

画像

 
洗足池駅に戻り、戸越銀座駅へ。
戸越銀座駅は新しく木造の駅になりました。商店街は人で埋めつくされていて、混雑していました。レモンサワーを売る売店車には長い列ができ、テレビなどの取材も目に付きました。
戸越銀座には、まだ普通の商店街だった頃でしたが、大学生のときに家庭教師のアルバイトで週2日、この駅を利用していました。もう50年も前のことになります。

画像

画像

画像


戸越銀座駅から五反田駅へ。
私が学生時代まで乗っていたのは青色と黄色のツートンカラーの外装の木造の電車でしたが、乗り合わせた電車は、このツートンカラーの外装の電車を復刻させた電車でした。昨年の3月から東急電鉄が「いい街 いい電車 プロジェクト」の一環として走らせている電車ですが、運よくその電車に乗ることができました。

画像


五反田駅に着いたのは14時10分。
4時間の池上線による小さな旅を終えました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック