多摩地区専門学校研究会報告書

多摩地区専修学校協議会と多摩地区高等学校進路指導協議会の共催で6月23日に開かれた「第35回多摩地区専門学校研究会」の報告書ができあがり、多摩専協事務局より送られてきました。
ありがとうございました。

画像


この研究会は、1983(昭和58)年から、多摩地区の高校の進路指導担当者と専門学校教職員が合同研究会を開催し、当初は専門学校をめぐる問題についてテーマを決めて研究協議をするかたちででしたが、現在は、多摩地区の高校出身の在校生を招いて、学校選択や、学校生活、授業、就職指導などについて学生の生の声を聞いたうえで、学生の意見等について専門学校の教職員との意見交換を行い、進路指導に役立てていくかたちで行われています。

私は、この研究会の立ち上げのときから関わりをもちましたが、35回も続いていることに多摩専協の先生方には感謝しております。

この報告書には、開会の挨拶、専門学校の展示ブースの写真、専門学校生との懇談会での質疑応答の概要、専門学校担当者との意見交換、各グループの結果報告が掲載されています。私も、「閉会挨拶」を依頼されましたので、その挨拶が載せられています。

このようなかたちで報告書としてまとめられると、研究会の状況が分かり、参加できなかった高校の先生方にも役立つのではないかと期待しています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック