秋の烏山寺町

京都の紅葉が真っ盛りの時期ですが、残念ながら今年も行けません。
「世田谷の小京都」ともよばれる烏山寺町を久しぶりに歩き、紅葉を楽しんできました。

画像


高源院。誰もいない弁天池からは紅く色づいたモミジがきれいに見えました。

画像

画像


専光寺。門を入って正面に喜多川歌麿の墓があり、遠くに色づいた木が眺められました。

画像


妙寿寺。門前に大きな銀杏の木があり、見事に黄色く色づいていました。
日蓮宗の寺院のせいか、境内には宮沢賢治の「雨ニモ負ケズ」の碑がありました。

画像

画像

画像


称往院。境内のモミジが紅く色づいていました。
江戸時代、旧末寺の道光庵の僧がそば打ちの名人で、そばを目当てに来る客が多くなり、寺の修行の邪魔になったため、住職が「不許蕎麦」の石碑を建てて閉めだしたため、そば切り寺として知られています。以前は門前に「不許蕎麦」の石碑がありましたが、いまは本堂の前に移転していました。

画像

画像

画像


存明寺。色づいた銀杏の木がありました。

画像


来年はぜひ、紅葉の京都に行きたいと思っています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック