星野リゾート界伊東に泊まる

近場の温泉に浸かって骨休めをしようと選んだ宿の1つが星野リゾート界伊東でした。
エントランスの石を敷き詰めた庭が、街中と隔絶する空間をつくりだし、やすらぎを与えてくれます。

画像


チェックイン時には、ロビーのラウンジでぐり茶まんじゅうが出され、中庭の日本庭園を眺めながらいただきました。宿帳用紙にはあらかじめ名前と住所が印刷されていて、電話番号やメールアドレスを書いて署名するようになっていました。

画像


部屋は角部屋で、広い和室とツインベッドの別室。遠くに海が眺めることができました。

夕食前にお風呂へ。内風呂は檜風呂で、中央に鳥と人が輪舞するオブジェがありました。数人が入っていましたが、ゆっくり温泉に浸かることができました。

画像


お休み処では17時まで、冷水だけでなくトマトジュース、生ビールも飲めました。

食事は17時30分から1階の食事処で。中庭を望む席での懐石料理でした。
台の物は、金目鯛のぐり茶蒸し、金目鯛の煮付け、和牛三味焼きから選べましたが、私たちは金目鯛のぐり茶蒸しを注文しました。ポン酢風のたれにつけて食べると茶の香りと金目鯛の甘みが混じり合いおいしく食べることができました。

画像

画像


ワインを飲みながらゆっくり食事をしたあと、部屋に戻り、しばらく体を休めました。そして予約をしておいたマッサージで、体をほぐしてもらいました。パソコンに向かうことが多いせいで、肩や首筋が痛かったのですが、気持ちかったです。

22時過ぎにもう一度、お風呂へ。浴室には誰もいませんでした。
大きな岩を並べた露天風呂に一人浸かりながら、湯気が立ちのぼる先の、松の木の間から冬空にさえた光を放つ月を眺めることができました。

画像


温泉宿でゆっくりした夜を過ごすことができて、よかったと思いました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック