大学の就活支援とキャリア教育

『朝日新聞』12月18日付朝刊「耕論」欄に、大学の就活支援に関連して、児美川孝一郎さん(法政大学)へのインタビュー記事「正社員めざす教育は転機」が掲載されています。その中で児美川さんは、「「正社員になれば一生、大丈夫」とは行かない時代です。もし学生が「就職できればいいんでしょ」と考えているのだとしたら、大学の「キャリア教育」は見事に失敗です」と述べています。

画像
『朝日新聞』12月18日付朝刊

高校入学者が100人いたとして計算すると、高卒や大卒で就職して3年以内に早期離退職するものが多く、3年後も継続して就業している者は半数以下となり、定年まで勤める人はさらに少なくなります。正社員として働き始めたとしても、失業や転職、結婚・出産などを契機に、人生を考え直す例も多く、その間に非正規雇用で働く時期がはさまることもあります。そのような事例をあげながら児美川さんは、「そのような転機を迎えたときに、「次にどうしたらいいか」を自分で考えられるかどうか。そのためにも、自分なりの価値観を軸に、生涯学び続ける姿勢を身につける必要があります」と述べています。

児美川さんは、大学が就職予備校となり、正社員をめざす「キャリア教育」となっている現状を批判的にみています。それは、同じ「耕論」欄で、山梨学院大学長・理事長の土屋忠彦さんが「大学が就職予備校化するのは、堕落でも何でもない」「大学は社会や学生からの期待と信頼に、確かな形で応えなければならない」と述べていることとは発想がかなり異なります。かつての「就社」システムの問題点(長時間労働、過労死、会社人間、女性排除など)を克服した個人の自律的な働き方や生き方を考えさせ、身につけさせるキャリア教育が大学には求められているというのが、児美川さんの考え方です。たとえ非正規雇用から始まったとしても、ピンチをチャンスととらえ、逆境から可能性が生まれるというような感覚をもった、したたかに生きていく力を身につけさせることがキャリア教育の課題だということです。

大学3年生の就活が始まりましたが、改めて大学におけるキャリア教育、そして高校におけるキャリア教育のありかたをも、考え直す必要があると思っています。


****************

「中小企業は日本に根付いている。」さんのコメントに対する回答

コメントありがとうございます。
「中小企業は日本に根付いている。」さんは、児美川さんの主張には「中小企業=劣悪 あるいは、中小企業とブラック企業を同列にみた主張」だとし、「抗議」をされています。しかし、児美川さんは、大学生が5万人以下しか就職できない大企業にばかり目を向けていることに疑問を投げかけており、中小企業を無視したり、中小企業とブラック企業を同列にはみていないと思っています。(インタビュー記事なので、記者がまとめた文章であり、誤解を生む表現になっているかも知れませんが、児美川さんは中小企業とブラック企業を同列にみる研究者ではありません。)
また、私についても、「中小企業で正社員になるよりも、大企業の非正規社員の方がよいとおっしゃるのでしょうか?」と疑問を投げかけられていますが、決して私は、「中小企業で正社員になるよりも、大企業の非正規社員の方がよい」とも思っていませんし、中小企業を無視してもいません。あなたの言われるように、「日本の企業の99%以上は中小企業です」から、就活にあたっても、大学生はもっと中小企業に目を向けることを、かつてこのブログでも指摘したことがあります。朝日新聞の安井隆之編集委員が「中小企業のドアをたたく」という文章の中で、「大学への進学率が50%を超えた現在、「大卒=大企業」という既成概念にとらわれず、「若いころから小さいながらも経営に参画できる企業で自己実現を目指した方が、『幸せ』に近いかもしれない」と書かれていることを紹介したうえで、「中小企業の情報発信は十分でない現状にあるので、厚生労働省などの公的機関、就職情報会社、メディア、大学のキャリアセンターや就職部などが、優良な中小企業を発掘し、学生に情報を提供することが必要です」と書いたことがあります(「中小企業に目を向けること」2011年2月17日付ブログ)。また、当時朝日新聞の編集委員であった竹信三恵子さん(現在、和光大学)が、大学新卒の就職難で「ミスマッチ」が問題になっていること、学生の大手志向の背景には「ブラック企業」に対する自衛策の面があり、「会社に気に入られる方法は教えられても、会社を見分ける批判力や対抗手段などを知る機会がほとんどない」ことを指摘し、学生が「大手志向」を真に抜け出すには、「マイナス面を含めた会社や社会についての正確な知識、働き手の支援組織など、若者が怖がらずに就職できる力をつけることが不可欠だ」と論じたことに関連して、「竹信さんが指摘するように、実際は、外食産業等著名な大手企業でも過労死は起きていますし、さほど知られていない中小企業でも、ワークライフバランスを実現しつつ生産性を上げてる優良企業はあります。しかし若者には、企業を見分ける方法を教えられておらず、知名度や規模ぐらいしか頼るものがないということがあります」と述べ、キャリア教育の中で、「会社に労働条件の改善を迫りながら働き続けるという選択もあることは、ほとんど教えられていないという問題もあり」、「職場そのものを仲間とともに改善していけるように、労働者としての権利や労働法制についての理解を深め、環境改善のために仲間と団結することの出来る力、いざというときには相談機関・法的機関にもアクセスすることのできる力を身につけておくことが必要です」と書いたことがあります(「「働くルール」の学習」2011年2月2日付ブログ)。
けっして中小企業の存在を無視したキャリア教育を考えているわけではないことをご理解ください。

この記事へのコメント

中小企業は日本に根付いている。
2013年12月19日 00:44
中堅・中小企業、あるいはブラック企業にまで「押し込んでいる」という面があります。」
および、
「中小はもちろん、大企業でさえ、希望退職を募って人員削減しているところは、いくらもあります。」
といった、中小企業=劣悪 あるいは、中小企業とブラック企業を同列にみた主張に抗議します。
また、このブログの主様も、
中小企業で正社員になるよりも、大企業の非正規社員の方がよいとおっしゃるのでしょうか?日本の企業の99%以上は中小企業です。その事実を無視したキャリア教育の方がよほどどうかと思います。
中小企業は日本に根付いている
2013年12月22日 09:02
 朝日新聞の広田さんは、本人に原稿確認をしていないし、中小企業に押し込んでいるとは言っていないということですね。機会があれば、広田さんにも抗議します。
さて、
「実際は、外食産業等著名な大手企業でも過労死は起きていますし、さほど知られていない中小企業でも、ワークライフバランスを実現しつつ生産性を上げてる優良企業はあります。」
まったくその通り。下記「仕事と生活の調和に関する事例」大企業と共に中小企業もたくさん並んでいる。
http://wwwa.cao.go.jp/wlb/research/h21torikumi/case1.html
大学の案内を見ると、就職先として上がっているのは有名企業ばかり、どこの大学だって、中小企業に就職した人はいるはず。個性を生かせる仕事に就いた卒業生のコメントなどは載らないのだろうか?

あと、若干、私の記事より引用
「中小企業で働く喜び」
職場であてにされるようになりたい。

当会では、2泊3日の新入社員研修がある。特徴は、小グループディスカッション。私が担当だった20年程前の頃。大卒ばかりの中に、中卒の社員さんが入った。
グループ長になった社員さんは、全体を盛り上げようと、全員発言を心がけるが、中卒の彼は口が重い。何も話そうとしない。表情も読み取りづらい。
とうとう最後のディスカッション。最後に、一人づつ感想を言うことになった。彼の番がきて、とつとつと、
「今まで、小学校でも、中学校でも、誰にもあてにされることはなかった。仕事をするようになったら、職場ではあてにされるような人間になりたい」
そう語った。
今も忘れられない。
働く喜びとはそういうことだと思う。

この記事へのトラックバック