湯西川温泉

11月16日、妻と栃木県の湯西川温泉へ行ってきました。紅葉の時期には少し過ぎていましたが、それでもまだ色づいた景色を見ることができました。

新宿駅発のスペーシアきぬがわで鬼怒川温泉駅へ。そこから野岩鉄道に乗り換え、湯西川駅へ。 葛老山トンネルの中に作られた地下のプラットホームから外へ出ると、眼前には五十里湖と紅葉に彩られた山々が広がっていました。

画像

画像
道の駅湯西川

ホテルにチェックインし、荷物を置いて、街を散策。

画像
ホテル花と華

ホテルの近くにある湯殿山神社。この地に温泉が発見されたときに湯の守り神として羽黒山の土を移し、創建された神社。社殿までは枯れ葉で蔽われていました。

画像
湯殿山神社

平家落人民俗資料館。私たち以外は誰もいませんでしたが、平家落人の歴史を物語る資料が展示されいました。

画像
平家落人民俗資料館

平家集落。橋を渡り、狭い階段を下りて遊歩道に出ると、道沿いに黒光りした太い梁と柱の家が並んでいます。その中に会津屋という豆腐屋がありました。中に入ると2組の人たちがこたつに入りながら湯豆腐を食べていました。ちょうど1つ席が空いていたので、私たちも湯豆腐を注文。付け合わせのおからの煮物もおいしく、体が温まりました。

画像

画像
会津屋

高房神社。湯西川に落ち延びた大納言平高房の徳を慕い建てられた神社。急な階段を上っていくと、社殿がひっそりと建っていました。
奥の林の中を枯れ葉を踏みながら行くと、平家の里の入口前に出ました。そこには樹齢800年といわれる栗の大木、平清盛のご神木がありましたが、見事な枝ぶりでした。

画像
高房神社
画像
平清盛のご神木

平家の里。平家落人の生活様式がどのようなもので、どのような生活用具が使われていたのかを展示し、後世に永く保存・継承するために復元されたものということですが、紅葉に彩られた園内をゆっくり散策できました。

画像
平家の里

お風呂にゆっくり入ったあとマッサージに。

画像
露天風呂

夕食は平家お狩り場焼。鱒味噌漬、こんにゃく、地鶏、ばんだい餅、味噌の一升ベラの串をいろりの火で焼きながら、日本酒でゆったりと食事ができました。

画像





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック