「ユニクロ 疲弊する職場」を読む

『週刊東洋経済』2013年3月9日号に現在、ネットでも話題になっている「ユニクロ 疲弊する職場」が掲載されています。

画像


これまでユニクロの過酷な労働実態については、ジャーナリストの横田増生氏が今回の東洋経済と同様に長時間のサービス残業などの労働実態を告発した『ユニクロの光と影』(文藝春秋、2011年)や、渡邉正裕氏が自身のWebサイト「My News Japan」で連載している「ユニクロ、過重労働社会の闇」などで明らかにされてきました。そのため、文藝春秋と横田氏はユニクロから2億2000万円の損害賠償を求める名誉毀損訴訟を起こされ、渡邉氏のレポートを掲載した雑誌『ZAITEN』編集部のもとには訴訟をちらつかせる「通告書」が送られています。

若者の労働相談をおこなっているNPO法人POSSEが発行している季刊誌『POSSE』Vol.14にはX社と匿名で元社員の現場の実態を語る座談会が掲載され、POSSE代表・今野晴貴さんの『ブラック企業』(文春新書、2012年)にも「超大手の衣料品販売業で、グローバル企業を標榜しているX社」として登場しています。ウェザーニュースや大庄、ワタミ、SHOP99のように実名でブラック企業の労働実態を明らかにしていないのは裁判での判決が出ていないからと思われます。ただし、ユニクロをX社としていることについては、渡邉氏からの次のような批判もあります。「労働相談を受けているらしい『POSSE』といったNPOも、ユニクロ社員から現場の実態についての相談を受けているが、公表するリポートや本にはユニクロの「ユ」の字も出さない。客観的に見れば、訴訟に発展するブラックな内容を水際で食い止めて不満をガス抜きしてくれる便利な“ブラック企業支援団体”と言える。社名が出ないならユニクロの評判への影響が皆無なので、労働環境の改善には全くつながらない」と(「ユニクロ、『入社3年内離職率』46.2%を開示」、My News Japan)。

渡邉氏も指摘されていますが、今回の東洋経済のレポートの大きな収穫は、新卒採用者の3年以内の離職率を明らかにしていることです。
これまでユニクロは、「新卒採用者の3年以内離職率」について、『就職四季報』(東洋経済新報社)の取材に対し、2005年を最後に開示を拒んできたといわれています。ところが今回は、取材に対してデータを開示し、2007年から10年までの4年間の平均で46.2%となること、とくに09年入社では53.0%と5割をこえており、同業の中でもかなりの高率であることがわかりました。また、ユニクロ店舗ではうつ病などの精神疾患にかかる社員が続出しており、12年8月期には店舗正社員における休業者のうち、42.9%がうつ病などの精神疾患であることも明らかにされています。
この数字は、同期300人が3年間で約半分に減る、つまり毎週1人ずつ去っている計算になります。しかもうつ病などで休職する人も多いということを表しています。

また、「半年店長」量産政策のもとで、膨大なマニュアルを筆記して帰宅後や休日に覚え、2年以内に店長代理資格試験に合格しないと降格になり、退職せざるを得なくなるシステム。今どきマニュアルをコピーもさせないのは、嫌がらせに過ぎないと思いますが、『ブラック企業』にも「流出を恐れているというわけではな」く、「根気があるか、忠実かを見られている」とあります。

さらに、このレポートでは、社員の月間労働時間を最長240時間と定めているが(この数字自体、過労死基準の月80時間の残業を前提にした数字となっている)、実際にはそれ以上働かないと業務が終わらないこと、また実際の労働時間を報告したら出勤停止となり降格処分を受けかねないので、240時間以内になるように打刻していること、店長は「名ばかり管理職」で残業代も出ないこと、などを明らかにしています。

文藝春秋と横田氏への訴訟で、ファーストリテイリングとユニクロ側は、2010年11月の全店長の月間労働時間一覧を証拠として提出し、全店長が240時間以内になっていること、そして実効性のあるサービス残業防止策くをとっているため、「月240時間を超えて働く者はいない」と主張しています。
これに関連してレポートは、「グローバル企業と旧陸軍の奇妙な類似」と題して、旧陸軍で、新兵への私的制裁(リンチ)が横行していたにもかかわらず、私的制裁は存在しないというのが建前であったことと、店舗でのサービス残業は禁止しているからないというユニクロとは、似た構図があるのではなか、と指摘していますが、これは興味深い指摘だと思いました。

いずれにせよ、こうした従業員の犠牲のうえに、柳井正ファーストリテイリング会長兼社長は、米経済誌フォーブスが3月4日に発表した2013年の世界長者番付で第66位となるような富を築いていることになります。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • プラダ 財布

    Excerpt: 「ユニクロ 疲弊する職場」を読む 三鷹の一日/ウェブリブログ Weblog: プラダ 財布 racked: 2013-07-06 22:37
  • プラダ バッグ

    Excerpt: 「ユニクロ 疲弊する職場」を読む 三鷹の一日/ウェブリブログ Weblog: プラダ バッグ racked: 2013-07-06 22:38
  • プラダ トート

    Excerpt: 「ユニクロ 疲弊する職場」を読む 三鷹の一日/ウェブリブログ Weblog: プラダ トート racked: 2013-07-07 16:41