雪の風景

画像


23日の17時頃から降り始めた冷たい雨は、本降りになり、21時半ころには雪に変わっていました。

画像


24日の朝、ベランダからは一面屋根が白くなっている雪景色が眺められ、その中を朝日が昇ってくる風景が見られました。

画像


近くのバス停前では、バスを待つ長い行列が出来ていました。

画像


雪が凍結して滑りやすい道を、通勤する人たちが気をつけながら歩いているのをみながら、散歩に出かけました。
と、自転車に乗っていたお年寄りが東八道路の横断歩道のところで、車輪を滑らせて転倒している姿を見ました。すぐに立ち上がって、ケガはしていないようだったので、よかったですが。

北野公園は薄く積もった雪に踏みあともなく、葉を落とした裸の木々が立っているだけで、静まりかえっていました。

画像


北野中央公園まで行くと、散歩の犬が雪に覆われた広場を駆け回っていました。

さざんかの葉には雪がかぶっていて、赤い花も縮こまっているような感じでした。

画像


まだ堅いつぼみの梅の木にも雪がついていて花が咲いているようにも見えました。

画像


さるすべりの枝にも雪がついていて、風に揺れていました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック