大晦日に歩く

今日は大晦日。
年々歳月の経つのが早く感じられます。

朝は家族で吉祥寺のデパートにお正月の食料品を買いに行きました。8時50分開場とふだんより1時間早いにもかかわらず、地下の食料品売り場は多くの人で混雑していました

昼食は妻と新川にあるファミリーレストランでとりました。

食事後、家まで散歩をしようということになり、仙川沿いの道を歩いて、家まで行くことにしました。

仙川公園は何人かの人がベンチでひなたぼっこをしたりしていました。
平和の像の近くにある「アンネ・フランクのバラ」の区画には、2輪ほど橙色の花が咲いていました。

画像


このバラは、ユダヤ人であったアンネが、ナチスの迫害を受け、オランダのアムステルダムに一家で逃れたとき、逃亡先の庭にあり、屋根裏からいつも眺めることでアンネの心が慰められたと言われているものです。アンネの父親のオットーさんが、アンネの平和を願う心をバラに託して、世界中の人々にバラを届けました。
多くの人の手を伝わりながら、1980年に、三鷹市の高山小学校にも、バラの1つが届きました。高山小の先生方や子どもたちにより大事に育てられ、株数も増えていきました。
三鷹市では、1989年、仙川公園に、北村西望の平和の像を設置し、「平和を象徴する公園」と位置づけ、整備を進めてきましたが、この「平和を象徴する公園」と「アンネ・フランクのバラ」への思いが一致することから、1993年、高山小のバラの株を分けてもらって植えたのが、この「アンネ・フランクのバラ」です。

仙川沿いの道を丸池公園に続く道を歩いて行くと、仙川にはカモが群れ羽ばたいていました。

画像


仙川公園では、二人の女の子が、せせらぎの中に手を入れて遊んでいました。「冷たくないの?」と妻が聞いたら、石ころを手にとって「大丈夫」と答えていました。

公園のなかにある丸池は、茶褐色の木々のなかに静かに水をたたえていました。

画像


天神山青少年広場の木々は葉が落ちて、静まりかえっていました。

画像


北野公園のケヤキやクヌギの林も、葉を落とし、地面には落ち葉が積もっていました。

画像


新川天神社では氏子の人たちが、明日の初詣の準備をしていました。その賛同では二人の少年がキャッチボールをして遊んでいました。
参道脇には数本の蠟梅が植えられていて、黄色い花をつけていました。

画像
画像


東日本大震災という未曾有の災害があった2011年も暮れようとしています。

この記事へのコメント

@椿地蔵
2012年01月04日 23:30
1980年に、三鷹市の高山小学校にも、(アンネの)バラの1つが届きました。
平和を象徴する公園と、アンネ・フランクのバラへの思いが一致することから、
高山小のバラの株を分けてもらって植えたのが、この「アンネのバラ」です。

**上文はブログの抜粋です。下はそれを読んだ調布市民のコメントです。**

 こんにちわ。私は1980年に、三鷹市の高山小学校に、アンネのバラを寄贈
した中学校(杉並の高井戸中)の卒業生で、その当時、アンネのバラのお世話?を
していた男子生徒で・・・今は、調布市に住んでいる、普通のおじさんです!?

 夫婦そろってのお散歩がお好きそうなので、今度?(毎年5月頃)に杉並区の
高井戸中学校の「アンネのバラの一般公開」に、行かれてはどうでしょうか?
その際に、隣接して建っている「高井戸図書館」でも「アンネ・フランク」の
特設展示を行うかもしれないので、更に、面白いかもしれませんよ。

           ・・・以上です・・・

この記事へのトラックバック