「キャリア教育の取り組み」を授業

宇都宮大学教授で上智大学の講師もされている末廣啓子さんからお話があり、6月27日、上智大学でゲスト講師として「キャリア教育の取り組み」をテーマに授業をしてきました。

画像


昨年に引き続いての授業で、私が桜華女学院(現・日体桜華)に在職中、総合学習「人間・生きる」のプログラムを組み、先生方の協力を得て進めてきたキャリア教育の取り組みを、パワーポイントをつかいながら、説明しました。

現在の日体桜華では、私が授業で説明したようなキャリア教育は行われていませんが、私が先生方と進めてきたキャリア教育については、質疑応答の中で、「私もこのようなキャリア教育を受けてみたかった」という感想を述べられた学生がいました。進学校から上智大学へ進学した学生が多いので、進路指導=大学受験指導という高校では、大学に入学するための指導はあっても、大学を出たあとの職業や生き方までを考えさせる取り組みをしていた高校はほとんどなかったことが知られました。
また、キャリア教育をやると授業が削られたり、大学受験のための授業が減るということで反対はなかったのか、という質問もありました。総合学習でキャリア教育をやることについては、専門学校進学や就職が増えるのではないかという意見もあったのは事実ですが、将来の生き方や働き方を考え、それをふまえた自分の進路を考え、目標が決まっていった生徒は自ら学習するようになっていくようになり、学習へのモチベーションが向上すること、また将来の選択の幅もひろがることから大学希望が増えることを話して理解を求めたことを話しました。実際、48期生から50期生の希望進路推移、大学進学率の推移、実力テストの偏差値の推移からも、それが実証されたこと指摘しました。

授業後、ランチをごちそうになりながら末廣さんと話をしました。大学でもキャリア教育に取り組むことが求められているが、研究者主体の大学ではなかなか理解が得られず苦労されていることや、企業が求めるコミュニケーション能力など社会人基礎力を身につけさせることがキャリア教育の目的なのかといった疑問も出されたりして、キャリア教育に関わるいろいろな話を交わすことができました。
末廣さんにはこのような機会を与えてくださり感謝です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック