さくらんぼ

北野中央公園に植えられているセイヨウミザクラが、たくさんのさくらんぼをつけています。

画像


セイヨウミザクラは数千年前から人類に食されていたそうです。
紀元前800年ごろ、トルコでサクランボが栽培されており、ほどなくギリシャにも伝わっています。
サクランボの栽培品種の先祖はおもに2つあり、1つはスミミザクラ(サワーチェリー)で、主に料理に使われています。もう1つがセイヨウミザクラで、佐藤錦など、生食されるさくらんぼのほとんどはセイヨウミザクラということです。

赤みをおび始めたたくさんのさくらんぼを眺めながら、公園のすがすがしい空気を感じ取った朝でした。

画像



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック