「自粛ムード」

篠田博之さん(雑誌『創』編集長)の「週刊誌を読む」(『東京新聞』4月3日付朝刊)で、東日本大震災に関連してイベントが相次いで中止となっている「自粛ムード」についてふれています。

『週刊新潮』4月7日号の特集のタイトルは「『自粛自粛自粛』で日本が滅ばないか!」。記事によると、「5月20日から22日に予定されていた東京・浅草の三社祭は中止。戦後初のことだという。8月13日に開催を予定していた『東京湾大華火祭』も中止。」隅田川花火大会も開催するか検討中という。

また、『SPA!』4月5日号で、鴻上尚史さん(劇作家)は「本当に驚くほどの公演が中止になっています」とし、震災後広がる自粛ムードについて、「この時期に、演劇やお笑いをするのは『不謹慎』だからやめるというなら、その『不謹慎』とはなんだろうと思います」と述べ、日本社会の「世間」という概念に触れ、「『世間』が強くなることで、『不謹慎』の強制力が増すのは、とても困ったことだと思います」と、「不謹慎」と非難されることを避けたいという集団心理により自粛ムードが広がっていることを批判しています。

篠田さんが指摘するように、「自粛ムードはいささか過剰との印象は免れない」し、「被災者のことを思うら、イベント中止でなく、復興支援と銘打って震災について考える機会にし、収益の一部を寄付したらよいのではないか」という意見に賛成します。

次に篠田さんは、『AERA』3月28日号の表紙について触れています。
防護マスクの写真に「放射能がくる」というコピーが大書きされたもので、不安を煽るものだとして、ネットなどで批判を浴びているもので、それを受けて編集長がツイッターで謝罪し、さらに、劇作家の野田秀樹さんがコラムの連載を取りやめる事態になっているものです。

『AERA』編集長は、恐怖心を煽る意図はなかったが、不快感を抱いた方には深くお詫びをする、としています。

画像


内容を見る限り、いたずらに不安を煽っているという印象は受けません。
福島第一原発事故は、予断を許さない事態が続いていることは事実であり、住民避難、農作物、水道水等に深刻な放射能被害をもたらしていることは誰も否定できないと思います。

原子力資料情報室が、原子力安全委員会に対する「口先だけの反省より、行動を起こせ」というメッセージ(2011年3月31日)の中で、「メディアからは、『専門家』が放射線被曝による『健康影響はない』『発がんのリスクはない』と繰り返し主張している映像が垂れ流されている。『専門家』に、このような曖昧な科学を語らせ続けてよいのか。この結果、関心のある人たちには、いっそうの不安をあたえ、関心のない人たちは『専門家』の言葉を信じて、比較的高い空間線量が観測されているにもかかわらず、子供たちを屋外で遊ばせている。発がんのリスクを正しく伝えること。」を要求していますが、「直ちに健康に影響を与えるものではない」というメッセージを垂れ流している政府やメディアの方が問題だと思っています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック