アラジャホユック遺跡見学

7月12日は中央アナトリア地方のヒッタイト帝国の遺跡を3か所見学しました。

チョルムの築1年の新しいホテルをバスで出発して約1時間、最初に見学したのが、アラジャホユック遺跡でした。
1935年、トルコ人による大規模な発掘調査が行われたところです。

スフィンクス門とオルトスタット(羽目板)を見学。オルトスタットには、王が天候神の代理者である牡牛に参詣する場面、すなわち儀礼場面と狩猟場面が描かれています。オルトスタットのオリジナルはアンカラのアナトリア文明博物館に展示されていて、現地のものはレプリカだそうです。

画像
スフィンクス門
画像
オルトスタット

中に進んでいくとヒッタイト帝国時代の王の宮殿跡と神殿跡がありました。

画像


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック