退職の挨拶

今日は朝から晴れ上がり、湿度があまりなかったので、気持ちのよい一日でした。
学校を退職して挨拶もしないままになっていた、学校の出入りの地元の業者である、中華料理店と文房具店に挨拶に行きました。
中華料理店では、未払いになっていた代金を払いながら、麻婆豆腐を注文しました。食事をしながらご主人とおしゃべりをしましたが、ご主人は、「28年間、桜華と付き合ってきたが、だんだん顔を知っている先生方が少なくなり、先生もいなくなると、寂しい限りだね」と話されていました。
文房具店では、私が退職したことに驚いていました。私が3月で退職したことを教職員からは誰も聞いていなかったようです。「この4月からは、注文の商品は事務室前に置いてくるだけで、職員室にあがることもできなくなったので、学校の様子もわからなくなった。学校の雰囲気が変わってしまった」と、さみしく語っていました。
学校に立ち寄ろうとも思いましたが、私と話でもすると先生方に迷惑をかけそうなので、そのまま家に戻りました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック