専門学校新聞

先日、定期購読をしている「専門学校新聞」が届きました。
高校教師をしていた時代から定期購読をしていますが、教育関係の業界紙としては30年以上の歴史を持っています。
専門学校に関わるさまざまな情報を得るうえで貴重な新聞です。
高校現場では専門学校は高校生の大学に次ぐ第二の進路先になっているにもかかわらず重視されていませんから、この現状を変えていくためにも、専門学校新聞には頑張ってほしいと思っています。
大学全入時代の中で、何でも大学に行かせればよいという風潮が高校現場には強くなっています。社会ではまだ、高校の社会的評価を大学進学率で評価し、特にMARCHクラス、早慶上智クラス以上の大学進学実績で評価する風潮が強くなっています。そんな中で専門学校に進学する生徒は疎んじられる状況が強まっています。
その一方で、大学を卒業しても就職できず、専門学校で資格や専門的技術を学ぶために入学する大学卒業生や中退者が増えています。
高校生の進路についてどうしていくべきなのか、高校の進路指導のあり方についても、もう一度抜本的に考え直す時時期に来ているように思っています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック