アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「教育」のブログ記事

みんなの「教育」ブログ

タイトル 日 時
教員の長時間労働深刻化−文科省調査
教員の長時間労働深刻化−文科省調査 文部科学省は4月28日、公立小中学校の教員勤務実態調査の結果を公表しました。調査は、2016年10月から11月に実施されたもので、その結果によると、小学校教諭は平均で平日1日あたり11時間15分(2006年度比43分増)、中学校教諭は同11時間32分(同32分増)働いており、教員の勤務時間が10年前と比べて増えていたことが分かりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/30 08:45
教育勅語教材使用の政府方針、反対声明
教育勅語教材使用の政府方針、反対声明 教育勅語の教材使用について、政府が「憲法や教育基本法に反しない形で授業で使用することは否定しない」などとする答弁書を閣議決定したことに対して、教育研究者ら約120人が4月27日、反対する声明を発表しました。(『朝日新聞』2017年4月28日朝刊) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/28 23:47
教育勅語復権をめざす安倍内閣
教育勅語復権をめざす安倍内閣 安倍内閣は3月31日、戦前・戦中に教育の基本方針とされた教育勅語について、「憲法や教育基本法に反しないような形で教材として用いることまでは否定されることではない」との答弁書を閣議決定しました。これは、民進党の初鹿明博衆議院議員の質問主意書に答えたもの。(『朝日新聞』2017年4月1日朝刊) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/03 18:42
学校・部活動における重大事件・事故から学ぶ研修会を聴講する
学校・部活動における重大事件・事故から学ぶ研修会を聴講する 日本体育大学の南部さおり准教授が中心となって開催された第3回学校・部活動における重大事件・事故から学ぶ研修会が1月30日、同大学記念講堂で開かれ、聴講してきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/31 22:58
授業アンケート
授業アンケート 気温の上がらない寒い一日でしたが、大学のキャンパスは陽の当たるところは暖かく、少しずつ春が近づいているのが感じ取れます。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/26 08:58
私立高校生への支援拡充
私立高校生への支援拡充 東京都の小池百合子知事は1月16日、私立高校生への支援を拡充する方針を明らかにしました。年収760万円未満の世帯を対象に、都内私立高校の平均授業料44万2000円を上限に授業料を助成するもので、2017年度予算案に新制度による上乗せ分を盛り込むとしています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/19 10:08
非正規雇用対策議連、ワークルール教育推進法案を国会提出へ
非正規雇用対策議連、ワークルール教育推進法案を国会提出へ 超党派の非正規雇用対策議員連盟(会長・尾辻秀久元厚生労働相)が、働く人たちを守る労働法制や労使間のトラブルの解決策を義務教育から教えるよう国に義務づける議員立法「ワークルール教育推進法案」の骨子をまとめ、1月20日招集の通常国会に提出することがわかりました(『東京新聞』2017年1月8日朝刊)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/09 20:35
給付型奨学金
給付型奨学金 自民党は、返済する必要がない給付型奨学金について、原則として高校時の成績が5段階評定で平均4以上出あることを条件に、月3万円を給付する方向で文部科学省と調整を始めた、と新聞で報じられました(『朝日新聞』2016年10月21日朝刊)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/22 12:24
シンポジウム「いつでもどこでもワークルール教育を!」
シンポジウム「いつでもどこでもワークルール教育を!」 日本労働弁護団主催のシンポジウム「いつでもどこでもワークルール教育を!−ワークルール教育推進法を制定しよう−」が9月27日、連合会館で開かれ、参加をしてきました。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2016/09/28 20:45
朝日社説「教育の「中立」 自民党は調査をやめよ」
朝日社説「教育の「中立」 自民党は調査をやめよ」 朝日新聞の社説に「教育の「中立」 自民党は調査をやめよ」が掲載されました(『朝日新聞』7月12日付朝刊)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/14 06:55
「教え子を戦場に送れ」−自民党
「教え子を戦場に送れ」−自民党 自民党の文部科学部会では、教育現場には「教育の政治的中立はありえない」、あるいは「子どもたちを戦場に送るな」と主張し中立性を逸脱した教育を行う先生がいるのは事実である、として、「学校教育における政治的中立性についての実態調査」を実施しています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/08 22:33
広島中3「指導死」
広島中3「指導死」 教員の指導により肉体的・精神的に追い詰められて生徒が自殺する「指導死」は、全国で相次いで起きています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/03/17 13:02
高校新科目「公共」と教員の自立
高校新科目「公共」と教員の自立 文部科学省は8月5日、2020年度から順に実施される新学習指導要領について、22年度をめどに高校に必修の「公共」「歴史総合」「総合地理」(いずれも仮称)などの新教科を設ける骨格案を中央教育審議会に示し、公表しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/09 08:17
「政府見解尊重」検定
「政府見解尊重」検定 文部科学省は4月6日、来春から中学生が使う教科書の検定結果を公表しました。特に社会科教科書では、領土問題や歴史認識で政府の立場を押しつけようとする安倍政権の意向に従った内容になったことが知られます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/10 10:52
「職業実践専門課程」の第三者評価フォーラム
「職業実践専門課程」の第三者評価フォーラム 文部科学省は、今年4月からスタートした専門学校の「職業実践専門課程」の取り組みを通じて、その「課題や成果などを検証するとともに、新たな枠組みのイメージに対する社会的な認知・共有を進めていく」という専修学校の質の保証・向上に関する調査研究協力者会議の報告書(2013年)を受けて、@職業実践専門課程の実態調査を実施し、各認定要件が質の保証・向上に効果的に機能しているかを検証する、A職業実践専門課程の各認定要件等に関する先進的取り組みを推進する、の2つ事業に予算をつけて進めています。 そのうちAにつ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/20 07:09
大学院生の奨学金問題
大学院生の奨学金問題 全国大学院生協議会(全院協)は11月28日、大学院生の経済実態に関するアンケート調査を踏まえて、文部科学省に対し高等教育の漸進的無償化、経済的支援の抜本的拡充、国立大学運営費交付金と私学助成の拡充などを要請しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/02 07:18
多摩高進進路講演会
多摩高進進路講演会 多摩高進主催の進路講演会が11月28日、国際文化理容美容専門学校国分寺校で開かれ、参加をしてきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/29 12:32
私学のつどい
私学のつどい 第23回私学のつどいが11月23日、三鷹市にある明星学園高校であり、参加をしてきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/24 07:32
就職指導
就職指導 今週の「進路指導論」の授業は就職指導について講義をしました。進学校出身者の多い学生にとって、高校生の就職のルールや指導のあり方はなじみがないこともあり、勉強になったという感想が寄せられましたが、とくに一人一社制については驚いていた学生が少なくありませんでした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/14 09:55
職業レディネス・テスト
職業レディネス・テスト 進路指導論の授業で、自宅でやってきてもらった職業レディネス・テストの回答用紙を採点し、ワークシート「結果の見方・生かし方」を利用して、プロフィールの作成、分析、職業や仕事を考える作業をしました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/10/30 09:00
初めての新聞投書
初めての新聞投書 道徳の教科化の中教審答申は、「愛国心」を法定した改定教育基本法のもとで、「道徳」を教科化することによって、国家を「道徳の教師」(堀尾輝久)とすることを鮮明にし、戦前の修身教育体制のように、学校の教育活動全体の「道徳教育」化を図ろうとするものと言えます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/10/25 07:03
道徳の教科化
道徳の教科化 中央教育審議会は10月21日、現在は教科外活動の小・中学校の「道徳」を、検定教科書を用い、学習評価を行う正式な教科とすることを答申しました。これを受けて文部科学省は、2018年度の教科化を目指し、学習指導要領の改定や教科書検定基準の作成にはいります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/10/24 12:41
VRTカード
VRTカード 10月22日の「進路指導論」の授業は、生徒理解と自己理解に関するテーマで講義をしました。 その中で職業興味検査の活用について話をし、職業レディネス・テストについて解説し、あわせてVRTカードを紹介し、学生9組に実際にやってもらいました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/10/23 09:31
大学中退問題
大学中退問題 文部科学省は9月25日、「学生の中途退学や休学等の状況について」を発表しました。:調査結果によれば、2012(平成24)年度に大学・短大等を中退した若者が7万9000人余りに上り、そのうち「経済的理由」で中退した者が20.4%にあたる1万6000人余りで、転学・就職に次ぐ3番目の割合で、5年前の07年調査より6.4ポイント増加し、最も多くなっていることが分かりました。また、休学者は6万7000人で、そのうち「経済的理由」は15.5%にあたる1万人余りで、「病気・けが」を上回り、最も多くなっていま... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/10/20 07:41
東京都教育実践発表会
東京都教育実践発表会 平成26年度東京都教育実践発表会が10月1日、東京都教育の日関連事業として、東京都教職員研修センターで開催され、参加してきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/10/01 23:31
教育科学研究会全国大会
教育科学研究会全国大会 第53回教育科学研究会全国大会が8月8日から10日まで法政大学で開催されました。私は、他の用事もあり、第2日目しか参加できませんでしたが、9日は「青年期教育」分科会に参加してきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/12 09:36
ホームページの刷新を!
ホームページの刷新を! 日体桜華高校の校長であった小林節慶應義塾大学名誉教授が退任してから1週間が経ちました。 しかし、学校のホームページには、小林校長が退任し、新しく大石校長が就任したことのお知らせも掲載されていません。学校の責任者である校長が替わったのですから、社会的にもきちんと広報しておくことが必要だと思います。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2014/05/31 12:06
日体桜華校長、年度途中で退任
日体桜華校長、年度途中で退任 小林節慶応大学名誉教授は2010年4月から日本体育大学の併設校である日体桜華高等学校の校長をしていましたが、桜華の生徒たちのツイッターによれば、5月24日に全校集会で退任が発表され、日体荏原高校の大石巧造校長が兼任することになったことが明らかになりました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 7

2014/05/26 07:48
こどもの日に
こどもの日に 今日は「こどもの日」。15歳未満の子どもの数は1633万人で、33年続けての減少で、総人口に占める割合も12.8%で40年連続の下落で、世界でも最低水準だった、と総務省が発表しています(『朝日新聞』2014年5月5日付朝刊)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/05 22:36
大学卒の専門学校進学
大学卒の専門学校進学 「世間体より「やりがい」」と題して、大卒で新年度開始時に専門学校へ進学する人は1万5000人以上となっていると、『朝日新聞』2014年4月2日付朝刊の連載記事「教育2014 学歴は変わるか」で報じています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/02 16:30
専門学校教育研究会
専門学校教育研究会 東京都専修学校各種学校協会主催の第20回専門学校教育研究会が3月27日、東京の中野サンプラザで開かれ、参加してきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/27 23:02
三者協議会
三者協議会 東京・世田谷区にある大東学園高校で2月1日、三者協議会の公開研究会があり、参加してきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/02 17:29
「大学中退」の全国調査
「大学中退」の全国調査 フリーターなど非正規雇用に結びつきがちになる「大学中退」について、文部科学省は今年度からすべての国公私立大学を対象に実態調査を実施する方針を決めた、と『毎日新聞』2014年1月31日付朝刊で報じています。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 1

2014/01/31 23:11
社会科見学
社会科見学 1月16日、マンションの近くの新川天神社に小学生の子どもたちが大勢来ていました。子どもたちに聞いたら、社会科の見学できていて、三鷹市立第一小学校の3年生だということでした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/17 07:55
高校日本史の必修化検討
高校日本史の必修化検討 『朝日新聞』2013年1月8日付朝刊によれば、下村博文文科相は1月7日の記者会見で、選択科目の高校日本史について「必修化は前向きに検討すべき課題」と述べ、今年度中に新学習指導要領の全面改訂を中教審に諮問する方針で、2020年度全面実施を目指すということです。 高校の日本史必修化については、「グローバル社会を見据え、日本のアイデンティティーを学ばせる必要がある」との意見が自民党を中心に強いことが指摘されています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/09 09:44
『日本の奨学金はこれでいいのか!』を読む
『日本の奨学金はこれでいいのか!』を読む 奨学金を利用する学生の割合は年々増加し、2010年には50.7%と、実に学生の2人に1人が借りていることになります。しかし、卒業後、思うように奨学金の返済ができず、滞納してしまったり、債権回収の訴訟に訴えられるケースが急増しています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/15 08:04
大学進学指導
大学進学指導 先週の大学での「進路指導論」は大学進学指導について、指導の実務の流れを説明したあと、大学進学をめぐる諸問題として、7つの問題を取り上げました。 @多様化する大学入学者選抜方法では、AO入試、推薦入試、大学センター試験、一般試験と多様化し、私立大では一般入試よりAO入試・推薦入試で入学する学生の方が多くなっていることを指摘、A大学入試改革の提言では、安倍内閣の教育再生実行会議が到達度テストの導入と人物評価の重視を提言したこと、B情報公開の義務化では、情報公開の現状と読売新聞社の「大学の実力」調査... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/08 23:08
全国学力テスト
全国学力テスト 静岡県の川勝平太知事は、全国学力テストで県の成績が悪かったとして、下位校の校長名を公表する意向を示しました。校長名を公表すれば学校名も分かりますから、その学校の教師たちは萎縮し、子どもたちも傷つくことになります。そのような見せしめ的なやり方が、学校現場にどのようなメリットや効果があるのか、疑問であり、学習指導の改善に役立つとは思えません。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/09/11 18:19
「公言不実行」
「公言不実行」 東京西地区私立中学校高等学校進学相談会が7月7日、東京経済大学で開かれていたので、立ち寄りました。 必要があって進学校を中心に学校案内を入手してきました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 12

2013/07/11 23:41
都教委、高校教科書選定に介入
都教委、高校教科書選定に介入 『朝日新聞』2013年6月28日付朝刊によれば、「都教委、高校教科書選定に介入」という見出しで、実教出版の高校日本史教科書に対して、国旗・国歌の扱いに関する記述が都教委の考えに合わないとして、「使用は適切ではない」とする見解を議決し、都立高に通知した、ということです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/28 08:59
”ブラックすぎる”学校経営
”ブラックすぎる”学校経営 『週刊文春』2013年6月27日号に「ワタミ渡辺美樹会長”ブラックすぎる”学校経営」という記事が掲載されています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/22 21:19
教科書ネット・日民協共催シンポジウム
教科書ネット・日民協共催シンポジウム 4月12日、子どもと教科書全国ネット21と日本民主法律家協会が主催するシンポジウム「何をめざすか−安倍政権の教育政策」が、千代田区立日比谷図書文化館で開かれ、参加してきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/14 10:01
働くルール 学ぶ場拡大
働くルール 学ぶ場拡大 『日本経済新聞』2013年3月12日付夕刊に、「働くルール 学ぶ場拡大」という記事が出ていました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/03/15 08:40
ブラック企業問題をどのように「教育」すべきか
ブラック企業問題をどのように「教育」すべきか 2月23日の午後、日本キャリアデザイン学会研究会が法政大学であり、参加してきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/27 17:21
公立学校教員の病気休職
公立学校教員の病気休職 文部科学省は12月24日、「平成23年度公立が校教職員の人事行政状況調査」の結果を発表しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/27 00:04
私が桜華を退職した理由
私が36年間務めた桜華女学院高校を辞めることを決め、校長に退職願を提出したのは3年前の11月30日のことでした。 あれから3年が経ちます。歳月の経つのが早く感じられます。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 47

2012/11/30 07:08
法政大学キャリアデザイン学部創設10周年記念シンポジウム
法政大学キャリアデザイン学部創設10周年記念シンポジウム 10月19日、法政大学キャリアデザイン学部創設10周年記念シンポジウム「新時代のキャリアデザイン−10年の研究と教育から探る−」が法政大学であり、参加してきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/10/20 22:44
私立高校教員、37%が非正規
私立高校教員、37%が非正規 全国の私立高校で「非正規」の非常勤講師、常勤講師がふえている、と『朝日新聞』2102年10月13日付朝刊が報じています。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2012/10/13 18:58
自由大学運動90周年記念集会報告集
自由大学運動90周年記念集会報告集 昨年の11月5日に長野大学で開催された自由大学運動90周年記念集会の報告集が刊行されました。大槻宏樹・長島伸一・村田晶子編『自由大学運動の遺産と継承−90周年記念集会の報告−』(前野書店、2012年)が、それです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/08 08:23
大学進学率、微減のまま
文部科学省は8月27日、「学校基本調査速報」を発表しました。 ことし3月に卒業した高校卒業者の進路状況をみると、高校卒業者105万3255人のうち、大学進学が50万1252人で、進学率は47.6%、昨年と同じですが、進学者数は4450人減少し、2010年の47.8%から0.2ポイントの微減のままとなっています。専門学校進学は17万7061人で、進学率は16.8%。昨年より5029人増加し、進学率も0.6ポイントアップし、3年連続増加しています。就職は17万5936人で、就職率は16.8%。昨年... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/29 08:58
大学卒業生の23%が安定した仕事に就けず
文部科学省の学校基本調査速報が発表され、きょうの新聞各紙は一斉に、この3月に大学を卒業した約56万人のうち、ほぼ4分の1にあたる12万8000人あまりが安定した仕事に就いていないことを報じています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/28 23:22
全進研の50年
全国進路指導研究会(全進研)主催の第50回全国進路指導研究大会が8月3日から3日間の日程で東京経済大学で開かれ、参加してきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/04 00:01
20年後を見据えた大学選び
進路選択アドバイザーの倉部史記さんが、「大学の実力 Special Edition」の中で「今までの常識ではなく、20年後を見据えた大学選びを」という、以下のようなコメントをされています(http://www.yomiuri.co.jp/adv/daigaku/index.htm/)。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2012/07/28 13:31
「現代の教師に求められるもの」
7月12日、法政大学教職課程センター開設記念シンポジウムが、法政大学市ヶ谷キャンパスであり、参加してきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/23 14:48
談合?
日体桜華の小林節校長が、保護者の会の会報『志』第5号(2012年6月)に、「桜華改革三ヶ年計画」という文章を書かれています。桜華の改革を3か年で成就するために取り組んでいることを述べたものですが、その中で、何の根拠も示さずに、「かつての桜華では、校長は組織の外に「浮いている」ような状況で、教頭が事務長と現場の教職員の間でのいわば「談合」で学校が動いており、そこには秩序と責任がなかった」と、書かれています。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2012/07/14 07:48
『「学び」という希望』を読む
尾木直樹さんの『「学び」という希望』(岩波ブックレット、2012年)を読みました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/03 12:39
憲法教育
小林節慶応大教授が東京のある区のシルバー大学で「やさしい憲法の話」という講演をしたあとの受講者の感想についてふれて「牢固な戦後『憲法9条』教育」と題する文章を「一刀両断」(『大阪日日新聞』2012年6月12日付)に書いています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/17 14:26
大震災と教育
3月17日の午後、日本教育学会・「大震災と教育」特別課題研究グループ主催の公開シンポジウム「大震災と教育−被災3県からの”声”が、日本の教育に提起するもの−」が明治大学で行われ、参加してきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/21 21:16
奨学金滞納
『朝日新聞』2012年3月17日付朝刊によれば、日本学生支援機構の奨学金制度で、返還未納者の個人信用機関への登録、いわゆる「ブラックリスト化」をされた人が1万人を超えたことが明らかになりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/20 07:34
専修学校における単位制・通信制
3月12日の午後、東京都専修学校各種学校協会主催による第18回専門学校教育研究会がアルカディア市ヶ谷で開かれ、参加してきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/15 08:44
新たな高校教育政策フォーラム
3月11日、日本高等学校教職員組合(日高教)主催による「新たな高校教育政策フォーラム」が明治大学で開かれ、参加してきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/14 08:10
「私のしごと」作文コンクール
第7回全国高校生・高等専修学校生「私のしごと」作文コンクールの入賞作品24編を掲載した小冊子『夢を叶える』が、主催のNPO法人仕事への架け橋から送られてきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/19 12:40
フォーラム「今こそ問われる大学の使命」
12月11日、朝日新聞社主催の大学トップマネジメントフォーラム2011「今こそ問われる大学の使命〜変容する社会とこれからの人材育成〜」が品川インターシティホールで開かれ、参加してきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/15 08:20
教師を育てる
先日、卒業生から電話がかかってきました。私が1年の担任をしていたときの生徒で、1983年に日体桜華を卒業しています。卒業して以来ほとんど会っていなかった彼女でしたが、一昨年、相談したいことがあるという手紙が来て、吉祥寺で会いました。そのときは、いま大学院で学んでいて、その修論を書くにあたって、話を聞いてもらいたいということでした。それから2年近く経っていました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/20 14:34
大阪府教育基本条例案に反対する
小林節慶大教授が、『大阪日日新聞』9月27日付のコラム「一刀両断」で「誤解されている大阪維新教育基本条例案」を書かれ、橋下徹府知事の率いる大阪維新の会が府議会に提案している大阪府教育基本条例案に賛成する意見を述べられています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/30 22:49
『第5回学習指導基本調査(高校版)』を読む
ベネッセ教育研究開発センターが昨年実施した『第5回学習指導基本調査(高校版)』がまとめられ、ホームページに掲載されていたので、読みました。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2011/09/06 23:03
朝日新聞・河合塾「ひらく 日本の大学」調査
大学への進学率が5割を超えて、えり好みさえしなければ、ほぼ入学できる時代となった大学の現状を具体的に明らかにすることを目的に実施された朝日新聞と河合塾による「ひらく 日本の大学」調査の概要が、『朝日新聞』7月13日付朝刊に掲載されています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/15 06:54
日曜授業
非常勤講師を務めている大学では、大震災により授業開始がおくれたため、日曜日に代替授業日が設定され、7月10日、前期最後の授業をしてきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/12 08:51
読売新聞「大学の実力」調査 2
読売新聞社の「大学の室力」調査では、就職支援につながるコミュニケーション能力の育成にスポットを当て、それに有効とされる双方向性のある授業を取り入れるなどの工夫に取り組んでいるかを調査しています(『読売新聞』7月7日付朝刊)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/10 08:41
子どもの被曝限度量
文部科学省は4月19日、福島第一原発事故を受け、福島県内の児童・生徒の年間被曝線量の暫定基準を年20ミリシーベルトとすることを通知しました。 この通知に対して猛反発する市民団体が21日、撤回を求めて、参議院議員会館で政府と交渉したことが、『東京新聞』4月22日付朝刊「こちら特報部」に掲載されていました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/04/24 07:27
「日体桜華の改革」
次の文章は、桜華女学院の小林節校長が、2010年の11月に、東京東村山ロータリークラブで講演したときの記録です。東村山ロータリークラブの『週報』第44号(2010.11.11)に掲載されています。ネットで見つけたものです。そこからの転載です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/03/26 08:59
「教育」に関する世論調査
『朝日新聞』1月1日付朝刊に朝日新聞社が「教育」をテーマに実施した全国世論調査の結果が掲載されていました。 調査結果によれば、「9割近くの人が教育予算を充実させるべきだと考え、そのために『税負担が増えてもよい』との意見も3割あった。子どもの将来を明るくするためには、経済など社会のしくみの改善や、家庭や家族がしっかりすることが大事だという考えが合わせて9割近くに上った。大学の人材育成には6割以上が厳しい評だった」ということです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/01/02 23:28
教員
小林節慶応大学教授のコラム「一刀両断」(9月7日付)の「教員評価の公表に賛成」という文章の中に、4月から校長となった桜華女学院を初めて視察したときのことが紹介されています。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2010/09/10 07:33
教員評価
小林節慶応大学教授が、コラム「一刀両断」(9月7日付)で「教員評価の公表に賛成」と題する文章を書かれています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/09/09 20:50

トップへ | みんなの「教育」ブログ

三鷹の一日 教育のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる