三鷹の一日

アクセスカウンタ

zoom RSS 神宮球場 ヤクルト、大逆転

<<   作成日時 : 2017/07/27 10:07   >>

トラックバック 0 / コメント 0

7月26日はヤクルト−中日戦。「燕プロジェクト」で、ユニフォームのプレゼントがあるというので、早くからチケットをとり、息子2人と一緒に観戦しました。神宮球場の4分の3が緑色で埋めつくされました。

画像


試合は、先発の星が不調でホームランを浴び、5回までに10点を中日に取られ、一方的な試合で、今日も負けかと思っていました。

画像


せめて花火だけでも見て帰るつもりでしたが、7回に代打・中村が2ラン。そして8回には、バレンティンが2ランを放つと、6点差に。山田のフォアボールから、代打・藤井のヒット、奥村のフォアボールで満塁になると、ヤクルト側の応援席は大歓声で盛り上がり、代打・上田の犠牲フライで5点、そのあと中村・坂口・山崎と連打で2点差に。傘を振りながらの東京音頭が何回も続きました。そして山田がヒットを打ち同点に。近くのファンも、これは何ということだ、という感じで、息子たちも大喜びでした。

画像


そして延長10回。代打・大松が右中間にサヨナラ本塁打。

画像


11対10でヤクルトが大逆転勝ち。息子は、これまで見てきた試合の中で最高の試合だと言っていました。
過去、10点差の逆転勝ちは3回。セリーグでは1949年に大洋が大映に11対10で勝利したのが最初で、1951年に松竹が大洋戦で13対12に勝利して以来の66年ぶり、パリーグでは1997年に近鉄がロッテ戦で11対10で勝利して以来20年ぶり。今回は4度目の大逆転劇でした。
この大逆転を観戦することができて、うれしいことでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
神宮球場 ヤクルト、大逆転 三鷹の一日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる