三鷹の一日

アクセスカウンタ

zoom RSS 職業レディネス・テスト

<<   作成日時 : 2017/06/14 19:17   >>

トラックバック 0 / コメント 0

梅雨に入り、雨のぱらつく大学のキャンパスには、紫陽花が咲いていてきれいでした。

画像


今週の「生徒指導及び進路指導」の授業は、「生徒理解と自己理解」がテーマでした。
生徒理解と自己理解の意義と役割や、生徒理解のための個人資料の収集と整理・活用などについて講義をしたあと、教員が生徒理解を深める活動として、生徒の日常の観察とともに、職業興味検査、進路適性検査などの心理検査を活用し、瀬戸の客観的・科学的な理解を図ることも必要であることを話した上で、実際に「職業レディネス・テスト」を受検してもらい、その結果の見方や生かし方などを解説しました。

画像


学生たちのリアクションペーパーには、次のような感想がありました。

・つい先日、クレペリン検査を受検しましたが、そのときはそれがどういった目的の検査なのか知 らなかったので、今日の講義で知れて良かったです。VRT検査は受検したことがなかったですが、自分自身の適性や興味を客観的に分析することはとても進路選択の上で役立つと思いました。
・自分の職業に関する興味・自信が分かった。自分自身の参考にするとともに、高校生にもこのような検査を積極的に利用していこうと思った。
・自分の興味・関心がいまいちハッキリしていないことが分かった。もっとその点に目を向けていくべきだと思いました。
・久しぶりに適性検査をやったが、中学、高校の時は何になりたいかなんて分からなかったので、このような適性検査をもっと実施して、何を目指させるか、はっきりさせるのも大切だと思った。
・自分自身がどんな職に就きたいかによって進路が変わってくる。しかし、自分がなりたい、やりたい職が自分に向いているとは限らないことを知った。好きなことを仕事にした方が良いのか、自分に向いている仕事をするか、分かれると思う。生徒にも、進路相談をする際、今はさまざまな検査があるので、それをもとにやろうと思います。

学生たちには、検査のやり方や結果の見方・生かし方などを理解して、教職に就いたときの参考にしてもらうとともに、自分の職業の選択を考える際の参考にしてもらえればと思っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
職業レディネス・テスト 三鷹の一日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる