三鷹の一日

アクセスカウンタ

zoom RSS 和歌山への旅 潮岬

<<   作成日時 : 2017/05/08 14:38   >>

トラックバック 0 / コメント 0

5月5日の午前中は、本州最南端の潮岬へ。前日とは違い、晴れて気持ちのよい天気でしたが、岬だけに風が強かったです。
潮岬タワーからは、白い灯台の向こうに太平洋が弧を描いて広がり、地球が大きな球であることを感じさせてくれます。

画像


タワーの1階には、2015年に公開された映画「海難1890」で使われた軍艦エルトゥールル号の模型が展示されていました。
映画「海難」は、1890年に、当時のオスマン・トルコより派遣された神前訪日使節団を乗せた軍艦エルトゥールル号が、帰路、串本町紀伊大島沖で台風に遭遇、樫野崎灯台近くの岩礁に激突、爆発し、650余名の乗組員が遭難、生存者はわずか69名、この生存者を救護するために献身的に力を尽くした大島村の人々を描いた映画です。私たちも、この映画が公開されたときに観に行きました。このエルトゥールル号の海難事故がきっかけとなって、日本とトルコは友好関係を結ぶことになりますが、その発祥地が串本町でした。
大島には「トルコ軍艦遭難慰霊碑」が建てられており、その対岸にある、私たちが泊まったホテルの高台には、日本・トルコ友好125周年の追悼式典の際に、トルコ国防省より串本町に寄贈された、エルトゥールル号の銅像が設置されていました。

画像

画像


国の名勝天然記念物に指定されている橋杭岩へ。
串本から紀伊大島に向かい、大小40余りの岩柱が一列にそそり立っているのが見られます。その規則的な並び方が橋の杭に似ていることから、この名が付いたといわれています。岩の浸食により岩の硬い部分だけが残り、独特な奇妙なかたちをした岩が並ぶ姿は圧巻でした。

画像


干潮のときで、岩の近くまでいくことができました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
和歌山への旅 潮岬 三鷹の一日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる