三鷹の一日

アクセスカウンタ

zoom RSS 横浜美術館・中華街

<<   作成日時 : 2016/10/16 22:08   >>

トラックバック 0 / コメント 0

息子が誕生日祝いにプレゼントしてくれたホテル宿泊券を利用して、妻と一緒に横浜に行ってきました。

最初の目的地はみなとみらい21地区にある横浜美術館。

画像


時間の関係で横浜美術館コレクション展2016年度第2期を見てきました。
展覧会の構成は、「描かれた横浜」「イメージをかさねる」「風を聴く−自然の気配をうつす美術」「かたちの変容」の4つのセクションからなっていました。

「描かれた横浜」は、みなとみらい21地区をはじめ横浜の各所を描いた幕末から現代までの作品が展示されていました。

画像


「イメージをかさねる」は、作品に織り込まれた様々な「かさなり」をキーワードに、作品の見方や感じ方を深めていくという趣旨の作品を展示したものですが、美術館のホームページを見て俵屋宗達の「風神雷神図屏風」が福田美蘭の「風神雷神図」ではどのように描かれているのか、興味をもちました。ただ実際の絵を見ると、柔らかなタッチの絵で、宗達の絵の方が力強さを感じて、宗達の方が良いように感じました。

画像


「風を聴く」のセクションでは、熊井恭子の「叢生’99」が中央に配置され、周りに自然を描いた絵が展示されていました。熊井の細い金属線で風が吹き渡る草原のように表現された立体作品は、細かい線がきれいでした。

画像


ホテルにチェックインをし、少し休憩をしたあと、中華街へ。

画像


普段より人通りは少ない感じがしましたが、夕食は6年ぶりに「海員閣」へ。昭和のたたずまいのドアを開けると、1回は満席でしたが、2階は空いているとのことで、2階の畳の座敷の座卓へ。
ここの名物料理である豚バラ煮込みと、私はえびそば、ビールを注文。2人では食べきれないくらいの量でしたが、とろとろの豚バラ肉を堪能しました。

画像

画像


腹ごなしに少し中華街を散策し、土産物を買ったりして、ホテルに戻りました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
横浜美術館・中華街 三鷹の一日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる