三鷹の一日

アクセスカウンタ

zoom RSS 模擬授業に出講

<<   作成日時 : 2015/10/24 10:32   >>

トラックバック 0 / コメント 0

10月23日は、東京・目黒区にある自由ヶ丘学園高校でおこなわれた年生対象の模擬事業に出講してきました。

画像


大学・専門学校30校が前半・後半に分かれて15校ずつ模擬授業を行いました。
私は「教育学」の分野ということで、「教育学−日本の教育格差を考える」というテーマで授業をしました。

生徒は27名でしたが、教員になりたい、もしくは教員に興味・関心があるという生徒が8割いました。
授業では、はじめに教育学とはどのような学問分野なのか、また、教員になるためには大学でどのように学ぶ必要があるのかを話したうえで、本題の教育格差の問題について、その生まれた社会的背景や現状、家庭環境の影響、奨学金の問題などについて説明しました。

生徒たちは、寝てしまう生徒もなく、熱心に耳を傾けてくれていました。
生地の感想の中には次のようなものがありました。

・自分は中学校の数学の教師になりたくて、この講座を受けたのですが、大学ではこんな勉強をするのかとおどろきました。お金がないと授業を受けられないなど、いろんな問題があるので、大学に行って、いろんなことを知りたいと思いました。
・わかりやすい授業をありがとうございました。僕は中学校の教師になりたいと思っているので、この授業を受けたのですが、今の貧困の問題を聞き、自分は今何ができるかを考えることにしました。
・大学は高校よりもお金がかかるので、低所との人と高所得の人で差がありすぎて、行けない人もいるのは国の支援も少ないからだということが分かりました。教育を受けるためのお金が日本は高いということを知り、これからは変わってほしいと思いました。

まだ2年生なので、大学で何を学びたいのか、しっかり考えたうえで、大学の情報を収集して、自分の目的に合った大学を選ぶようにしてほしいと思っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
模擬授業に出講 三鷹の一日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる