三鷹の一日

アクセスカウンタ

zoom RSS 第64回進路指導・キャリア教育研究協議全国大会

<<   作成日時 : 2015/07/24 06:49   >>

トラックバック 0 / コメント 0

日本進路指導協会主催の第64回進路指導・キャリア教育研究協議全国大会が7月23日、24日、国立オリンピック記念青少年総合センターで開かれ、23日だけ参加をしてきました。

午前中の記念講演は本田由紀さん(東京大学教授)で、「日本社会の変容と教育の課題」というテーマで話されました。

画像


本田さんの講演の内容は、『もじれる社会−戦後日本型循環モデルを超えて』(ちくま新書、2014年)に書かれている内容と重なるところが多かったのですが、文部科学省の外郭団体である日本進路指導協会の主催する大会での講演なので、もう少し挑戦的なかたちで文科省が推進しているキャリア教育のあり方について批判を加えてもらえると、面白かったと思っています。
特に普通科高校における「教育の職業的意義」をどのように拡充していくべきか、具体的な方策を話していただけたら、先生方も刺激を受けたのではないかと思っています。

午後の分科会は、第4分科会「大学・短期大学・専修学校など進学への指導・援助の在り方」に参加をしました。提案・発表者は、佐藤圭悟先生(山形県私立鶴岡東高校)「鶴東の進路指導の取り組み」と橋詰忍先生(京都市立堀川高校)「堀川高校におけるキャリア教育の取組」でした。

画像


佐藤先生の発表は、特進コースを中心に、大学受験に向けた学習合宿、0校時授業、3種類のゼミの実施、サテライト(代々木ゼミナールの衛星授業)、難関大学志望者への東北大学オープンキャンパス参加等の取り組み、進学講演会・大学出前講義などの取り組みを紹介したものでした。これら取り組みの大半は大学受験指導であって、大学進学希望者への意識向上のための取り組みは東北大学オープンキャンパスへの参加くらいでしたが、その中で注目すべきは慶應義塾大学先端生命科学研究所と連携して5名の生徒が特別研究生として自分で研究課題を見つけ研究活動をする取り組みで、探究心や発表力、目的意識の向上が見られたことが指摘されていたことです。
鶴岡東高校では、学年全体で1年次から系統的にキャリア教育に取り組むということはしていませんが、特進コースでの慶應大学との連携プログラムは、課題研究として生徒全体に広げることができるものであり、多面的な人物評価が行われる新大学入試制度の動向を考えたとき、ぜひ検討すべきではないかと思っています。

橋詰先生の発表は、元校長であった荒瀬克己『奇跡と呼ばれた学校』で紹介された「探究基礎」を核にしたキャリア教育の取り組みを紹介したものでした。全教員が全生徒ともに取り組む「探究基礎」は、「自立する18歳をめざして」、受けとる力・考える力・判断する力・表現する力という「4つの力」の育成、課題設定と課題解決の力を身につけさせ、そして1年から2年前期までを3段階に分けて探究を進めているもので、それらを通して生徒人が「探究基礎」の授業について、授業の参画・運営をする「探究基礎委員会」、海外研修の研修内容・準備も生徒で進める「海外研修委員会」、学校説明会も生徒たちが説明会を立案・運営するなど、生徒が主体的にさまざまな取り組みに参画して活動するようになっていることが紹介されました。
このような生徒が育っていることは、これから大学が求める生徒像と重なり合うものであり、注目すべき取り組みだと感じました。

この発表に対する指導・助言者である杉谷英樹氏(東京教育庁指導部高等学校指導課課長代理)の助言は、2人の発表には関係のない話に終始し、都立高校が進学指導重点校・推進校36校を指定し、どのような点検・評価をしているかを紹介したもので、旧態依然の大学受験指導を進めようとしている都教委の姿勢を語ったものでした。指導・助言であれば、たとえば鶴岡東高校の進路指導・キャリア教育の足りない点や評価すべき点を明らかにして、参加をしている先生方に参考となるように講評をすべきでした。また、堀川高校の「探究基礎」は全国的にも知られた取り組みであり、その取り組みの意義がどこにあり、新しい大学入試選抜制度で求められる生徒像とどのようにリンクしているのか、橋詰先生も発表の中で触れていたのですから、明確にするのが指導・助言者の役割ではなかったかと思っています。その点で、今回の指導・助言者は、その役割を全く果たしておらず、意味のない発言で終わったのは、極めて残念と言うほかはありません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第64回進路指導・キャリア教育研究協議全国大会 三鷹の一日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる