三鷹の一日

アクセスカウンタ

zoom RSS 職業理解説明会

<<   作成日時 : 2015/07/10 07:06   >>

トラックバック 0 / コメント 0

横浜市立みなと総合高校で7月9日、職業理解のための説明会があり、「教員の仕事」について説明してきました。

画像


総合学科の必修科目である「産業社会と人間」の授業の一環で、1年生を対象に、職業の内容を理解したうえで将来の自分の進路を考え、2年からの系列を選ばせるために開かれたものです。
宮崎健校長は、「大学進学を希望する生徒が多いが、大学に進学させれば良いのではなく、その先のことも考えさせた上で、系列を選ばせていきたい」と、挨拶の中で、話されていました。

私は、教員に求められる資質能力、教員の主な仕事、教員の平均残業時間や教員が勤務で感じていることなどを話したうえで、教員になるには教職課程で単位を修得して教員免許状を取る必要があることや公立や私立の教員採用試験の状況について説明しました。

50分という短い時間でしたので、十分説明できないところもありましたが、生徒たちは説明を真剣に聞いてくれました。
生徒の感想をいくつか紹介したいと思います。

・身近な職業ですが、ここまで詳しく話を聞く機会がなかったので、とてもよい機会になりました。これからもいろいろ調べて、(教師になる夢を)実現させたいと思いました。
・私はずっと先生になりたく出、勉強を教えることもしたかったけれど、その中でも、自分が先生に助けてもらったり、相談にのってもらったことが何度もあったので、自分が将来、そうしてあげられる人の側になれたらと思っていました。大変そうだけど、努力していきたいと思いました。
・教師という仕事がどういう仕事なのか、どのようなことが必要となるのか、そして先生という人がどれだけ素晴らしい人かということが良くわかりました。教師にならなかったとしても、人に信頼され、人と協力し、人と成長していける人間になりたいです。ありがとうございました。
・話を聞いて、最初の方は残業代はないし、精神的にすごく大変そうな仕事だと思ったけれど、だんだんと生徒とつながれたりするのは良いなと思った。本当にやりがいのある職業だと思う。

そして、こんな感想もありました。

・実際に半紙を聞いて、自分たちが知らないところで、先生たちは大変な思いをしながら仕事をしているんだとわかりました。ありがとうございました。

いま教員は忙しく、かつ過重な負担を強いられながら、生徒のために仕事をしています。そうした仕事を理解し、教員の道を進む人が1人でも2人でも出てくれればうれしいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
職業理解説明会 三鷹の一日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる