三鷹の一日

アクセスカウンタ

zoom RSS 職業レディネス・テスト

<<   作成日時 : 2015/06/10 13:22   >>

トラックバック 0 / コメント 0

6月9日の「生徒指導及び進路指導」の授業は、「生徒理解と自己理解」がテーマでした。
個人資料にもとづいて生徒理解を深める活動の1つとして、生徒の日常の観察とともに、各種の心理検査を活用し、生徒の客観的・科学的な理解を図ることも大切であると話したうえで、実際に職業レディネス・テストを体験し、その見方や生かし方について解説しました。

画像


職業レディネス・テストは、「仕事への興味」「日常生活の興味」「働く自信度」がわかり、これからの進路を考えていくときの参考にすることができる検査です。
A検査は、「仕事への興味」、その仕事をやってみたいか、をみるもので、ホランドの6つの職業領域をもとに、興味のある職業が示されます(R,I,A,S,E,C)。
B検査は「日常での興味の方向性」、日常の生活行動や意識からどのような興味の方向を指しているか、をみることができます(D,T,P)。
C検査は「仕事への自信度」、その仕事をうまくやる自信があるか、をみることができます(R,I,A,S,E,C)。

画像

画像


学生の感想には、次のようなものがありました。
・職業レディネス・テストを実施していたが、こうした分析は非常に役立つものであると感じた。自分が思う自分の適性と、実際の自分像とに隔たりがあることは少なくないだろう。進路指導に際しても、職業への関心や、本人の適性などを知る目的で活用できるものであると感じた。
・今回のテストで自分がどういう職業に興味、自信があるのかがわかりました。何となく昔に思い描いていた将来像と今の志向が変わっているなぁと思い、確たる信念のようなものがほしいと思いました。
・実際にレディネス・テストを初めてやってみて、自分の想像していた結果とは大きく異なった。本当にやりたいことと現実を見て考えている仕事は違ってしまうのだと思った。
・(検査結果が)自分の思っていた方向性とまったく違ったので驚いた。
・レディネス・テスト、楽しかったのですが、結果に納得がいかなかったです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
職業レディネス・テスト 三鷹の一日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる